スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2017年 浜松・岡崎旅行-その3 

方広寺へ向かう前にドライバーさんおすすめの場所へ

妙雲寺

20170124-019.jpg

もとは「自耕庵」といい、死後直虎が葬られた菩提寺と伝わっているお寺。
戒名の「妙雲院殿月泉祐圓禅定尼」から妙雲寺と改められたとのこと。
平日は閉まっていますが土日は参拝できるそうです。



渭伊神社と天白磐座遺跡

20170124-020.jpg 20170124-021.jpg

妙雲寺から少し坂を登ると渭伊神社の境内です。
南北朝の騒乱の時に龍潭寺の境内から今の場所に移ったそうで、井戸や井戸水を崇拝する対象とし、井伊家の氏神様でもあります。




渭伊神社の裏手へ回ると。

20170124-022.jpg 20170124-023.jpg

天白磐座遺跡(てんぱくいわくらいせき)
古墳時代の遺跡で巨岩の前で祭祀を行ったのだとか。
この周辺からはこういった古代の遺跡が見つかっており、かなり古い時代から栄えていた事が窺えます。

そして、初めて来たのに既視感あるなあと思ったら、ドラマで子供達三人が遊んでたシーンのあの場所だったんですね。こちらも年甲斐もなくはしゃいでしまいました。急斜面に木の根っこがたくさん出ているので流石に走り回ることはしませんでしたが(笑)




方広寺

20170124-024.jpg 20170124-025.jpg

臨済宗方広寺派の大本山。
気賀駅から比べるとかなり山深い所にあります。時間と体力の関係上、拝観受付から本堂までの山道はタクシーで登りましたが、道の両脇に様々な姿の羅漢様がいて目を楽しませてくれるので、時間があったらぜひゆっくり羅漢様を眺めながら歩いてみたいところです。

方広寺の開基は奥山六郎次郎朝藤。
朝藤から数えて四代目が奥山朝利。その娘が直親に嫁いで直政を生んだそうです。

にしても、このお寺大きい。
お寺に興味のある人だったら絶対一日かけて参拝する事をおすします。

ドライバーさんによると浜松の小学生は学校行事で必ず宿泊するんだとか。姫路の圓教寺みたいですね。会社や学生さんの合宿なんかも受け入れているそうです。

ここでもドラマの撮影が行われています。
修行の場面で出てきたそうですが今は非公開でした。今後公開できるように調整しているようですが、他にもこのお寺は見所いっぱいなので十分かも。秘すれば花という言葉もありますし。



お庭の羅漢様。

20170124-026.jpg

本当にたくさんいて見ているだけで心が和む。
どなたでも奉納できるのだとか。




最後に宿蘆寺。

20170124-027.jpg 20170124-028.jpg

方広寺や龍潭寺からはだいぶ離れて、浜名湖のすぐ近くにあるお寺です。
お参りしていると何やら視界の隅に茶色い物体が。

にゃ、にゃん渓和尚?
のご子孫様か?(笑)




そう。ここもロケ地。

20170124-029.jpg 20170124-030.jpg

小さいおとわが出家して龍潭寺へ入門するシーンでたくさん出てきました。

「次回(4話)、ここが出てくるはずですよ」
とドライバーさんが案内してくださって、夕方だったのもあって私たち以外は誰もおらずとても雰囲気のいい参道でした。

ここの門は「閉まらずの門」と言って、三方ヶ原の合戦で逃げてきた徳川家康が寺に入ろうとしたもののしっかり閉じられており、一夜を浜名湖の船の中で過ごす羽目になり、朝門を開けた和尚さんがその事実に気づいてびっくりして何時でも入れるように開けっ放しにしたという伝説があるそうです。
実際に家康がここへ逃げてきたかというとそれは信憑性にかける所ですが。




この後、浜名湖の弁天島にある民宿へお世話になりました。
お料理が豪華で食べきれないくらい。でも美味しくてみんな食べちゃいましたけど(笑)
湖に面した角部屋も素晴らしい景色でした。

大勢で行くなら近く舘山寺温泉があるけど、少人数ならこういう民宿のほうが気兼ねなくゆっくりできて良いですね。

次の日はちょっと足をのばして岡崎へ向かいます。



-その4へ続く

-その1





.
スポンサーサイト

[2017/02/06 10:49] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/992-63166eae




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。