スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2017年 浜松・岡崎旅行-その1 

2017年1月24日・25日
浜松と岡崎へ行ってきました。



自分自身の忘備録。
……なので、
(公開している以上それなりに気を付けてはいますが)
手前勝手な文章や間違いも等々あると思います。
参考にされる場合はご注意ください。





東海道新幹線から見た富士山。

20170124-000.jpg

ガイドで知り合った先輩方と毎年史跡めぐりの旅に行っています。今年は直虎さん絡みで浜松方面へ。
この日は強い寒気が降りてきていたものの、太平洋側は見事な晴天でした。




掛川駅でJRから天竜浜名湖鉄道に乗り換えます。
去年の晩秋にタクシー会社へ問い合わせをしたら、大河ドラマ館までは掛川から天浜線を利用することを薦められました。

地の利が無く、新幹線からの乗り換え時間10分。
前もって切符を用意できなかったので、一人早歩きで天浜線の券売機へ。

が、
使用できるのは小銭と【千円札】のみ!
そして一枚ずつしか買えない!

改札窓口に「気賀駅まで大人7枚ください!」と慌てて頼むも「券売機で買ってください」とのこと。「ふえぇ、大きいお札しかないんですぅ」と情けない声を出したら両替してくれてなんとか買える態勢に。まごまごしているうちに他のメンバーも改札へ到着。手伝ってもらい、もう一つの券売機も占領して一枚ずつポチポチと。

発車には間に合いましたが、焦った。「10枚綴りの回数券」とかも目には入ったのですが、焦っていたので買ってもよいものか判断がつかず……「もっといい方法あっただろうなぁ。手際悪くて先輩たちに面倒かけちゃったよ」とへこみながら車内へ。


わーい、ワンマンだ。
これ、切符買わんでも何とかできたんじゃ……

ちゃんと下調べせずに短時間の乗り換えは怖いですね。




天浜線は一両編成。トコトコ走って「某カメ号みたいだ」と昔を懐かしむ声も。
気賀駅までは一時間半以上かかりますが、時間を持て余すどころか車窓を眺めるのが楽しくて、あっという間。

20170124-001.jpg 20170124-002.jpg

「遠州森駅」の表示に「”森の石松”の”森”じゃない?」と駅舎を見たらばっちり書いてあって「広沢虎造」の話題になったり、天浜線沿線のゆるきゃらがラッピングされた車両とすれ違ったりとなかなか面白い。

いくつか駅舎が登録有形文化財に指定されているので、乗り放題の切符で駅舎メインに天浜線乗るのもいいなぁ。
川や自動車と並走するところなんかは秩父線に似ています。




個人的に二俣本町駅近くの「二俣城」が気になっていたので、頑張って撮ってみた。

20170124-003.jpg 20170124-004.jpg

たぶん、楕円で囲った森の中。……たぶん。
このもう少し右奥に清瀧寺があるのかな。
二俣は信康の自刃の地。清瀧寺はその廟所です。

二俣本町駅を出てトンネルを通過すると天竜川を渡ります。見事な景色。



気賀駅。

20170124-008.jpg 20170124-005.jpg

赤い。
そしてBASARAの直虎さんがお出迎え。
こういうコラボ系は一人の時はうれしくてニヤニヤしてしまうけれど、連れがあると「やめてー触れないでー」と恥ずかしくなってしまう(苦笑)

吹きっ曝しのホームもこうやって一工夫すると見栄えが違ってくるもんなんですね。
気賀駅ホーム。この旅行で一番のお気に入り写真かもしれん。




駅の脇にある踏切を渡ってすぐに「大河ドラマ館」
本当に近かった。3分もかからない。

20170124-006.jpg

ただチケット売り場はドラマ館入口ではなく、反対側の駐車場にあるので駅からだとそれがちょっと遠いと感じるかもしれません。
スタッフさんによると同じようにチケット売り場に関しての要望があるので今後改善されるかもしれないとのこと。圧倒的にバスや車での来館が多いとはいえ、せっかく天浜線あるんだから活用しなくちゃもったいない。

事前に「混んでいて並ぶのでその時間も入れてくださいね」と言われていたので、ビクビクして一時間半の見学時間を取っていたのですがおもいっきり空いていた。まあね、何もない平日のお昼だもの。去年の4月の上田だって雨が降っていたのもあって桜の時期でもそれほど混んでいなかったし。
11時から13時くらいは団体バスがいなくなるので個人で行くにはベストな時間だと思います。

で、館内ですが。
基本的に去年の上田と同じ流れ。
物語の概要や登場人物の相関図と解説やらがパネル、動画であって、ロケの様子と衣装、台本が展示されてて、VRで世界観を見て……混んでいないのと、放送始まったばかりなのと、会場が狭いのが相まってあっという間に見終わってしまいました。時計を見たら一時間かからなかった。

たぶん中盤以降は展示内容増えて濃くなるかと思います。

全体的にスタッフさんも地元の対応もまだ慣れてない感がありました。素朴でいいんだけど、もっと商売っ気出していいんじゃないかなあ。勿体ないなあと。




20170124-007.jpg

道を挟んだ所に江戸時代の気賀の関所が再現されていたので、そちらも見学。

ちょうどボランティアのガイドさんがいたので関所や姫街道についての説明を受けながら、駅へ戻りました。
昔はここは「気賀」という町で「けが」と読んでいたそうですが「怪我」をしてははまずかろうという事で昭和の初めに「きが」と読ませるようになったそうです。
「なんで姫街道というのか」というあまりに普通すぎる質問にも丁寧に答えてくださいました。
「大名の姫が通ったから」とか「警備が手薄で女でも通れたから」とか諸説あってこれという決まり手はないとの事。

この辺りの地理歴史に疎いので「へぇ〜!」と何度も相槌を打ちながら、ゆっくり駅まで戻ってきました。




この後、遠鉄タクシーに乗り、龍潭寺へ向かいます。

-その2




.
スポンサーサイト

[2017/01/30 20:26] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/990-a390a98f




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。