スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大河の功罪 

高野山へ一泊二日で効率よく行くプランをこねくり回しているうちにまた一ヶ月経ってしまいました。
御本尊の御開帳終わってしまう。次に確実にあるのは二十数年後のお大師様の御遠忌でしせょうか。下手すりゃ三途の川渡ってるかもしれん。料金高くていいから乗務員3人、完全個室、フラットな寝台の大阪行き夜行バスどこか作ってくれないものか。

都やその他大都市へ近いわりにアクセスが微妙に悪いところが、あの町が今もこうして連綿と続く要因の一つなのかもしれないわけで。仕方ないっちゃ仕方ないのですが。



先日、とある方からガイドの仲間だった方のお墓参りに行ってきたお話を伺いました。
生前「あそこにうちのお墓あるのよ」と教えられてびっくりしていたのですが、まさかこんなに早く逝かれてしまうとは思いもせず……『風林火山』の放映後だったか「今後は観光客が増えるから、整備とか檀家の間でも話が出てるみたい」とぽつりとお話ししていたのを思い出しました。案の定来年に向けてお客さん増えているようですね。本編ではどうだかわかりませんが紀行では確実に取り上げられるでしょうし、さらに騒がしくなるかも。


人の多いところはどうも苦手なので、あと数年は個人的な長野県北部への旅はお休みします。



そういえば、風の噂で熊谷県は黒歴史になったとか。ドラマになるような大きな事件は起きてないからスルーされるだろうなとは思ってたけどねえ(苦笑)




.
スポンサーサイト

[2015/10/23 22:44] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/948-c5363648




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。