スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

寄居北條まつり'06―その九 

1.京亭と石碑
053.jpg 054.jpg
池波正太郎は「忍びの旗」を書く際にこのお宿に泊まり、
鉢形の取材をしたそうです。鮎飯で有名。
私には恐れ多くて入れないお宿です。

石碑は「寄居小唄」





追記はまとめと反省とその他もろもろ……


とにかく、満喫、堪能、満足。
すばらしいお祭りでした。
こんな楽しいお祭りが近くであったなんて、
数年前まで知らずにいた自分が情けない。

初めて行くところは一応それなりに知識を持ってから
行くように心がけていますが、今回は寄居の観光課で
いただいたパンフレットと井伏鱒二の「武州鉢形城」、
池波正太郎「忍びの旗」が大変役に立ちました。

物語を心に置いて見る合戦は、やはり一味も二味も違います。
真田昌幸のいる豊臣方に注目するはずが、いつのまにか、
北條方の肩を持ちながら、観戦していました。

基本的に判官贔屓体質なのもありますが……。



また、寄居の街づくり、観光の取り組み方も勉強になりました。
一日程度で分かることは少ないかもしれませんが、
私の住む町にとっても参考になることが多かった。

あとは寄居の人たちが気さくに挨拶してくださったことが印象
に残っています。先々週の下見の時も、お散歩中のご婦人が
声をかけてくださったり、今回もお城に向かう途中で、数人の
かたと挨拶を交わしました。

これは見習わなくちゃなぁと真に思います。



帰路……、
駅の券売機の前に物凄い行列が出来ていて、
どうしようかと思ったら、それは八高線と
西武線の券売機で、秩父線は全く人がいませんでした。
最初、行列のほうに並んでしまって、一人で赤面。

家に着いたのは5時半くらいでしたが、公共交通機関を
使うと自家用車で行く3倍の時間がかかる北関東。
車が無いと本当に不便だと改めて痛感しました。



とにかく事故も何もなく終えられて良かった。
機会があれば来年以降も見に行きたいと思います。



今回のお祭りに行く上で、交通やプログラム、
観戦ポイントを探す上で参考にさせていただいた
いくつかのサイトとその管理人さんにこの場で感謝。

また、長々とつたないレポートを読んで
くださった閲覧者さんにも感謝いたします。


ありがとうございました。
スポンサーサイト

[2006/04/10 23:22] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/92-c2d92d50




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。