スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北陸へ 

来週、ぽっかりバイトの予定が空いたので「こんなチャンスはない!」と城攻め旅行を画策。
ネットであれこれ見ていたら後ろから、

「かに、カニ、蟹が食べたい!それと温泉!」

と駄々をこねる声が……



えー、私の意見など全く無視で金沢城攻めが決定しました。
せっかくなので小松と片山津温泉にも足を延ばして、斉藤別当実盛の兜と篠原古戦場を見てこようと思っています。

「講釈師、見てきたような嘘を言い」

ではないですが、地元での観光ガイド中に実盛の銅像前で一度も行ったことのない篠原の合戦や見たこともない兜の話などをするのは心苦しく、いつかは訪れたいと思っていたので……
小松の多太神社に残されている実盛の兜(国指定重要文化財)は事前に申し込んでおかないと拝見できないとのことで、小松市役所を通じてお願いすることができました。
ガイドも依頼したのですが当日は会議が入っているそうで断念。


篠原古戦場もガイドがあるのですが、時間が読めず行き違いがあるといけないので依頼しませんでした。
(突発的な旅行ですし、いつかまたゆっくりと)
地元の英雄が散った地で個人で静かに手を合わせてくるつもりです。

 斉藤別当実盛
  平安時代末期の武将。
  武蔵国幡羅郡長井庄(埼玉県熊谷市)を本拠とし、
  長井別当と呼ばれる。

  寿永2年(1183年)、再び維盛らと木曾義仲追討の
  ため北陸に出陣するが、 加賀国の篠原の戦いで敗北。
  味方が総崩れとなる中、覚悟を決めた実盛は 老齢
  の身を押して一歩も引かず奮戦し、ついに義仲の部将
  手塚光盛に よって討ち取られた。

  出陣前からここを最期の地と覚悟しており、
  「最後こそ若々しく戦いたい」
  という思いから白髪の頭を黒く染めていた。
  そのため首実検の際にもすぐ には実盛本人と分から
  なかったが、そのことを樋口兼光から聞いた義仲が
  首を付近の池にて洗わせたところ、みるみる白髪に
  変わったため、ついに その死が確認された。
 
  かつての命の恩人を討ち取ってしまったことを知っ
  た義仲は、人目もはば からず涙にむせんだという。
 
  この篠原の戦いにおける斎藤実盛の最期の様子は、
  『平家物語』巻第七に 「実盛最期」として一章を
  成している。(Wikipediaより抜粋転載)














金沢では城址、兼六園はもちろん、茶屋街、尾崎神社(重文)、藩老本多蔵品館あたりに突撃予定。
面白そうなところを探していたら「藩老本多」の文字を見つけ、

金沢…加賀、前田家の本多…ほん…だ……ちょーごろー!!!!?
(※本多正信の次男。本多政重とも。
 名を変え、仕える人を変え、親以上に謎に満ちた人生を送っている面白い人物。正信の間諜役だったとも言われています。)
そう言えば金沢と言ったらこの人ではないの!と、地図を見ながら一人ニヤニヤ(苦笑)
利家でもまつ様でもなく、長五郎ですよ。
ということで、気になっているのは「藩老本多蔵品館」です。


他におススメってどこでしょう?
あまり北陸方面に詳しくないので、調べるのに四苦八苦。
まぁ、それも旅行の楽しみのうちなのですが(笑)


スポンサーサイト

[2010/02/05 17:09] 雑記 | TB(0) | CM(3)

金沢

金沢かー、いいなあ。

金沢は去年の2月末に、技術研修で行きました。でも、観光ではなかったので、ゆっくりできませんでした。
お城も工事かなんかで入れなかったと思うし、兼六園も急ぎ足でした。
一度、温泉などにも寄ってゆっくりしたいものです。
[2010/02/05 22:35] -[ 編集 ]

兼六園と言っても・・

 もう10年以上昔、金沢に行った事があります。
 金沢城の近くの安いビジネスホテルに泊まった記憶が・・・。
 兼六園、あまりにも有名ですが・・・。
 単なる日本庭園ですからね。
 面白くないとは言いませんけど。
[2010/02/06 20:29] leF2ecbc[ 編集 ]

うしにんにくさん
仕事なんかで行くと観光ってできそうでできないですよね。
2月はオフ期で工事だの整備だのしてる観光地が多いです。自分はオフ期にしか遠出できないので、そういう場所によくぶち当たります。観光客が少なくてゆっくりできるのはいいんですけどね(^_^;)

金沢周辺にもいい温泉がいくつか有るみたいで、時間さえあれば立ち寄り湯に入ってもよさそうv-48




石野さん
単なる日本庭園……そうなんですよねー。

実は苦い思い出がありまして。
全く日本文化に興味の無かった小学生のころ、親に連れられて兼六園に行ったことがあるのですよ。
そこで「つまらない、面白くない」とブーたれて、喧嘩。親はとても楽しみにしていたらしく帰りの車中で号泣という……

今回はそのお詫びも兼ねての旅行だったりします。
夜はライトアップやコンサートもあるそうなので、普段見られない兼六園を見ることもできるかなぁと。
(天気がちょっと危なげですけどね)
[2010/02/09 15:18] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/919-6c115395




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。