スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お城へ行ってきました―名胡桃 

月夜野へ用事があったので、ついでに名胡桃城へ行ってきました。
ついでに行くつもりが道を間違え、なぜか先に名胡桃についてしまったのですが……そこは気にしない。

091124-000.jpg  091124-001.jpg

駐車場に車を止めてまず目に入ったのがこの登り旗。うわぁ…。
これはなかなかにマニアックでしょう。
「天地人」は知っていても名胡桃と関連付けられる人って少なそうだ。
「天地人」しか見ていない人には何が何やらわからんかも。

でも「謙信街道」というのはかっこいいですねぇ。
この名胡桃城址前を走っているのは国道17号線です。
この先は上州と越後の国境。
謙信が関東へ攻め入る際にはここを通ったとか。
温泉で知られる猿ヶ京は謙信が猿年だったことにちなんで名付けられたとか。
謙信手植えの逆さ桜なんてのもあるそうで、ダムでも見に行きながら猿ヶ京にもいつか遊びに行きたいところです。


091124-002.jpg  091124-003.jpg

で城跡ですが、整備されているようなされていないような感がとてもいい。
右の写真、えらく細い道に深い堀。
冬に一人で来てここに落ちたら普通に死ねる。
上手い具合に落下地点に曲輪の碑があるので、頭でもぶつければ夏でも討ち死にできそうではあります。
嗚呼、なんという罠。


さて、名胡桃城はあの秀吉の小田原攻めの発端となった重要な城です。
の割にはちょっと小さい、城というより砦みたいな印象を受けました。
秀吉にとっては北条を潰せるきっかけができればなんでもよかったのでしょうけれど。

池波正太郎の『真田太平記』ではここのくだりが凄くいいんですよね。
駐車場に数台車がありましたが、他の観光地とは全く違って人っ子一人いない環境なので、お天気の日にここで思いをはせながら読書するのもありかもしれません。
スポンサーサイト

[2009/11/24 17:41] 雑記 | TB(0) | CM(4)

いいなぁ

つい最近「真田太平記」全巻を読み終わりまいた。
(この口調がクセになる・笑)
名胡桃城といえば、猪俣なんとかが散々な目にあったアレですよね。
あの頃は昌幸様がまだご健在だったのですよね~。(遠い目)

また読みたくなりました。^^;
[2009/11/24 20:16] 4Sp6dCrg[ 編集 ]

猿ヶ京へは・・・

 猿ヶ京へは行った事があるのですが、名胡桃城へは行った事がないのです。
 そう言えば、天地人で、小田原攻めのきっかけとなった、鈴木主水の話は出てこなかったような気がします。
 忍城の下りさえあれですから・・・しょうがないでしょうけど。
[2009/11/24 20:24] leF2ecbc[ 編集 ]

冬に行った事がありますよ

何が何だか分かりませんでした。
雪のない時期にリトライしました。
[2009/11/24 20:43] -[ 編集 ]

はるいさん
おお、読了されまいたか!
私も「まいた」はしばらく口癖になりました(笑)
猪俣能登守ですね~北條の家臣。
あんなことしちゃったのだからしょうがない。



石野さん
猿ヶ京は奥の方にいい宿があるらしいですね。
名胡桃はあまりに道路沿いすぎて通り越してしまう所かもしれません。今は盛大に登り旗が立っていて目立っていますが。
大河は他に色々盛りだくさん(苦笑)でそこまで書ききれなかったのでしょう。




うたかたさん
雪が積もってたら、本当にわけわからん事になってそうですね。
誰も除雪してくれなさそうだし。
[2009/11/28 17:09] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/909-5c6f3889




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。