スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山岡荘八の「徳川家康」 

今のままではwiiが使えぬ…ということで月末にテレビを買い替えることになりました。
ついでに大掃除をしたら本棚(「本多な」って誤変換した/笑)の奥から山岡荘八の「徳川家康」が出てきました。

ちょうど手に取った「関ヶ原」の巻を持ってお風呂の共に。
ぬるめの湯船に浸かって読み始めたら、これがまた面白い。

「徳川家康」はあまりに長いのと主人公持ち上げ過ぎな展開に途中で挫折していたのですが、あらためて読んでみたら印象が全然違ってスラスラ読める。

……よくよく考えてみたら、ここの1~2年碌な小説を読んでなかったことに気付いたのでした(苦笑)


東軍、西軍の各武将の機微が事細かくかつ(私みたいなできの悪いのでも)感情移入できるように書かれていて、「溺れているんじゃないかと」心配した家族が風呂場に来るほど夢中になってしまいました。


小説は、別に史実に忠実じゃなくてもいいんです。
肝心な所さえ押さえててくれれば。

「小説はキャラ読みだけじゃ駄目だよ」
と昔、学校の先輩に注意されましたが、キャラが立っているからこそキャラ読みができるのであって、最近の小説は果たしてそこまで人物が描けているのかなぁと。わざわざ萌えなきゃ読めない、読み手側が勝手にキャラ付けしないと萌えられないようなのが増えている気がしてなりません。

ドラマや芝居もしかり。
丹波りんが居なくなって森繁も旅立って……あの世の方がなんだか面白そう。
向田さんとか女流でも男顔負けの骨太の脚本書ける人がいて。
いやしかし、こちら側には若い役者さんでも上手い人がちらほらいるので私はまだ死ねない(笑)


大河ドラマの「徳川家康」はほとんど記憶に残っていないので、テレビを買い替えたらDVDで見てみようと思います。wikipediaで調べたら中田譲治さんが大久保忠員役で出てるとあったので、それも確認がてら。

さて、明日は何巻を読もうかな?
久しぶりに楽しみができました。
スポンサーサイト

[2009/11/22 22:28] 雑記 | TB(0) | CM(2)

wiiが使えないとはどういう...。
うちは、アナログなので年末にでもデジタルに買い換える予定でいます。

「徳川家康」かあ。読んだことがないので、この機に読んでみよう。しかし、湯船に浸かりながら読むなんてすごいですね。本にビニールとかかけてるんですか。
[2009/11/23 07:33] -[ 編集 ]

huitreさん
使えないというか、うちのテレビにはゲーム用の端子が無くて、wiiがつなげられないんです(涙)
デジタルは綺麗でいいですよ~。

お風呂にはお風呂専用に古本屋で購入した格安の文庫本しか持ち込みません。一応ビニールカバーはかけますが、やはり湿気を含んで中はビロンビロ~ンになりますよ(笑)
お風呂から出てから『広辞苑』クラスの重みの本を乗せておけば、だいたい元の状態に戻りますが、物を大事にされる方には絶対におススメできませんね(苦笑)

[2009/11/24 16:46] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/908-6c80af52




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。