スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

行ってそうで行ってなかった沼田 

先週行ったお城の現当主。

090909-004.jpg

さニャだネコ之。
スリスリしてこようとするのをかわして写真を撮ろうとしたら、他の観光客の所へさっさと行かれてしまった。



ということで、今回は大河で名前を間違えられ、戦国無双参戦には共に苦難を味わっていたはずの立花宗茂に先を越され、ますます艱難辛苦の道を突き進む真田信之が城主をつとめた沼田城です。


と、その前に沼田市街に入って迷っていたところ、最初に目に入った「真田」関連のお寺。
『曹洞宗 月宮山 天桂寺』

090909numa-000.jpg  090909numa-001.jpg


 真田河内守信吉は、真田氏初代沼田城主の信幸の長子で母は大蓮院殿。
 慶長19年(1614年)大阪冬の陣と翌年の夏の陣には、父信幸と徳川勢に加わり戦功をたてた。
 元和二年(1616年)信幸が信州上田城に移ったので、22歳で沼田城主となる。
 33歳の時、厩橋城主酒井雅楽頭忠世の娘を夫人に迎え、二女一男が生まれ、側室小野のお通との間に一子(後の伊賀守信直)が生まれた。
 城主として18年間、川場~沼田用水を完成させたり、善政を行った。
 今に残る鐘楼の鐘(沼田公園内にある)は信吉が領民の繁栄と国家安全を祈って造らせ、沼田城に掛けて鳴らしたもの。
 寛永11年(1634年)11月28日江戸屋敷で死亡、40歳であった。

 法名
   天桂院殿前河州太守
   月岫浄珊大居士  
 
※「月」の次の字は「山に由」

               沼田市観光協会 設置 案内板より



兄上……
色々つっこみたいけれど、自重。






お参りを済ませて、お城へ。
沼田城は現在は沼田公園となっています。
地図を確認せずに突然行きましたが「たいがい目指す史跡は役所か学校のそばにある」ので、城跡自体は今回も難なく発見。


090909numa-002.jpg  090909numa-003.jpg

広くてきれいな公園です。
遺構を残しつつ、花壇やスポーツ設備が整っています。
造りっぱなしではなく、常に手入れをされているのがいいですね。



090909numa-007.jpg  090909numa-004.jpg

城跡から見た沼田の街。
公園の駐車場側からでは気づかなかったのですが、かなりの高低差があります。
一番低いところに利根川が流れているはず。
ここに立つとこの場所が城であったことが肌で感じられるかも。



090909numa-006.jpg  090909numa-005.jpg

推定樹齢400年の御殿桜。
兄上もこの桜を見ていたかもしれないと思うとなんだかありがたい気持ちになって思わず手を合わせてしまいました。

反対に考えればこの樹は本物の兄上を見ていたんですね。
史実を知る証人。

「信之」だの「信幸」だのに引っかかってる私を「物の本質の見えぬ奴よ」と笑っているかもしれません。



090909numa-008.jpg

最後に小松殿の墓所がある「正覚寺」へ。
これで日帰りで行ける範囲のお墓を全て回ることができました。
勝願寺(鴻巣市)、芳泉寺(上田市)、大英寺(長野市松代)そして正覚寺(沼田市)。

正覚寺は山門も常々拝見したいと思っていたので、満足。
山門については時間があったら別にUPしようと思います。


スポンサーサイト

[2009/09/15 18:28] 雑記 | TB(0) | CM(3)

沼田城懐かしいです

 沼田城・・・懐かしいです。
 真田道を沼田から上田まで車で走った時、最初に訪れたのが沼田でした。図書館が閉まっていたので、沼田近郊で一泊してから、沼田図書館を皮切りに、上田を目指しました。
 群馬県誌、沼田市史を調べて・・・加沢記を見て・・・。
 加沢記はその後、前橋の群馬県立図書館へも行きましたが・・・。

 沼田城は良い城ですよね。丘陵の頂上部にあって・・、築いたのは沼田氏だったと記憶してますが・・。
 駅から近いし・・公園化されているし。
[2009/09/15 19:39] leF2ecbc[ 編集 ]

絶句

小野のお通は信吉の側室じゃないですよね。

なんだか、つっこみ所が満載の説明文ですね。

絶句する程、目茶苦茶な案内文で、驚きです。
[2009/09/15 21:22] -[ 編集 ]

石野さん
真田道走破うらやましいなぁ。
私も車を買い替えたらやってみたいです。

築城は沼田万鬼斎ですね。
池波正太郎「まぼろしの城」でその名を知って、インパクトのある名前だったのでこれだけは覚えてました。
小説の内容はほとんど覚えていませんが(苦笑)

今回は無我夢中でお城まで行ってしまいましたが、次の機会には利根川側の低いところから頂上を望みつつ城攻めしようと思っています。





うたかたさん
この案内板のほかにも色々首をかしげる点がありました。
真田ファンの中でもかなりいい加減な部類に入る私が首をかしげるのだから、うたかたさんが見たら首が取れちゃうかも(笑)

歴史を見ると沼田は真田に対して微妙な立場かもしれませんが、それとこれは別で案内板の文章はきちんとしたものにしてほしいですね。
教育委員会も観光協会も頑張れぇって感じです。

ま、うちの市の史跡の案内なんかもっと酷いですけどね…(冷汗)
[2009/09/19 17:12] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/894-c9496550




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。