スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お天気がおかしい? 

毎年、夏になるとテレビから「異常気象」という言葉が聞こえてくるので、ここ2~3年は「毎年異常ならそれは通常なんじゃない?」と気にしていなかったのですが、今年はちょっと違うかもしれません。

私は雷が大好きでして、8月の中旬くらいまでは昼を過ぎると空の様子が気になって仕方がない人間です。
反面、飼い犬は見ていてかわいそうになってしまうくらい雷が嫌いで(というか大きい音が苦手なのでしょう、花火も駄目ですから)、我々人間が気づく前に音を聞きつけてガクガク震えだします。

一人と一匹、そして東京電力のサイトでほぼリアルタイムの落雷、雨量状況を見ることができるのでそれもあわせて家業の方に(お天気に左右される仕事なもので)活用したりしています。

で、何がいいたいかと申しますと、今年は雷雲の動きがおかしいのです。
気象予報士でも何でもないし、きちんと観測しているわけではないのですが、今日を含め3回、雲が南から北東へ移動しているのです。

一度目はいつだったかはっきり覚えていませんが、雲が北へ流れていくのに「気持ち悪い天気だな」と思ったのでなんとなく覚えていました。


夏の埼玉県北、特に利根川流域部分は午後に雷雲が発生すると必ず北から南、西から東すなわち北西から南東に雷雲が動いていくのが通常です。
冬は「空っ風」、夏は「雷」。上州(群馬)の名物ですがこの二つの直撃を受けるのは利根川対岸の埼玉北部。夏に雲が北へ流れるのは台風本体が近くまで来た時くらいです。

だから、雷雲が南から北へ移動するのにとても違和感を覚えました。


二度目、やはりおかしな雲の動きに「気持ち悪いな」と思ったら、案の定群馬県の館林で竜巻被害がありました。この竜巻は関東圏のニュースで大きく取り上げられていたので、ご存知の方は多いと思いますが、実は熊谷(北部)で雷が鳴り、雨が降って、そのあと館林で竜巻がおこったのです。

そして今日。
雷の音を聞き、慌てて空を見上げました。
この時期、見るのは必ず北西。太田、伊勢崎、延長線上には赤城山がある方向。
ですが、そちらは雲はあっても明るくて到底雷の来るような雰囲気ではありません。
「えっ?」と思って振り返ると南東の方向が真っ暗。
稲光も見えました。

そしてやはり雲は北へと流れ……


去年までだったら、南の空がどんなに暗かろうが「絶対来ないから大丈夫」と断言できたのですが……

(微妙な違いですが南西から北西にかけて黒雲があれば来る確率は五分です。
そのかわり秩父で発生した雷雲と群馬で発生した雷雲が発達し、一緒になって来るので、とんでもない土砂降りになります。)



もっと気にして記録していれば、ただの気のせいかそうでないかわかるのですが、来年の夏はもう少し注意深く観測してみたいですね。なにか面白い事がわかるかも。
いや、今までどおりにいかなくなったとすれば、そのように対処しないと、大雨前の樋掃除や排水以降の落ち葉広いは、本当に死活問題。

浸水したら大変だし、かといって雷が鳴っている中で排水溝掃除は自殺行為。
去年も一度、どうにも間に合わず、ゴロゴロ鳴っている中で膝まで水に浸かって排水溝の落ち葉除去をしましたが、生きた心地はしませんでした。

だからなるべく早いうちに雷を察知して瞬間的な大雨に対して準備しておきたいのですが…
夏のお天気、どうなってしまうんだろう?







10日 午前2時  追記


0時過ぎに雨の音にたたき起こされる。
窓から外を見ると、家のまわりが湖に。

「夜中に水攻めは勘弁していただきたい」
とため息をつきつつ、近くの排水溝の落ち葉除去へ。
外へ出ると数軒先のご近所も排水溝に詰まった落ち葉の除去をしている。
暗くてどなたか分からないが、お互いご苦労様です。


さて、自分の方。
ひざ下まで水があるので、ちょっとした長靴では用をなさない。
どうせぬれるのだからと裸足にサンダルである。
20分ほど作業すると、だいぶ水が引いた。
途中で母も出てきて他の排水溝へ取りついたので水の減りは早く、ひとまず床下浸水の危機は逃れたものの、足が異様に痒い。

流れてきた落ち葉に毒虫や毛虫でもいたのだろうと思ったが、家に入って明るいところで確認して驚いた。
蚊である。
両足計24か所。
わずか20分ほどの作業で24か所である。
土砂降りの雨の中彼らはどのようにして私の足に取りついたのだろうか。
恐るべき生命力である。

あまりの惨状にかゆみも飛んだ。
いや足全体がかゆいせいで、かゆみが気にならなくなった。

一仕事終え、シャワーを浴び、このまま気持よく寝ようと思う。



父はこの土砂降りにもかかわらず、よぉおおおおおおく眠っている。
水攻めから城を守るのは女の仕事と言わんばかりに。

「次に降ってきたら、お父さんたたき起こして行かせようね(怒)」

と母はつぶやき、床へ着いた。




スポンサーサイト

[2009/08/09 22:44] 雑記 | TB(0) | CM(4)

こわい

お久しぶりにコメントします。

いや~天気にはまったく詳しくないですが、
空を見るのが好きなので、変な天気だなぁと察知しやすいですが、

もよさんの観測・・・すごいですね。

私は以前に日記に書いていますが、雷にあたったことがあるので、雷雨がとても怖いのです。
(でも見ると興奮します)
異常気象、どんどん異常になっていくことが怖い。

これからも観測の報告お知らせください。

[2009/08/09 23:44] -[ 編集 ]

mukuさん
ご無沙汰しております。

雷に当たったって、大丈夫だったんですか?!
うちの方は雷多発地帯なので、たとえ遠くでも音が聞こえれば、子どもは建物の中に入るのが鉄則になっています。大人はなかなかそうはいかないもので……先ほど、土砂降りの中、排水溝に詰まった落ち葉を片づけてまいりました。
やっぱり今年はおかしいみたいです。
[2009/08/10 01:47] JLOtVP6o[ 編集 ]

浸水!!

こんばんは。

浸水したんですか! うちは経験がないので、どんなものか分かりませんが、夜中にだと油断がなりませんね。恐ろしいです。
雲の動きなどにあまり関心を払わない人間なので、もよさんの観察眼には「すごい」の一言。
でも最近の関東地方は、集中的にひどい雨が降ったりして本当におかしなことが多いですね。
[2009/08/10 21:32] -[ 編集 ]

huitreさん
幸い浸水までには至りませんでした。
(分かりにくい文章ですみません)

うちの周りにはいくつか大雨対策の排水溝があるのですが、木が多いせいで落ち葉でふさがって、天然のダムができてしまうのです。
で、その落ち葉を取るためにはひざ下まで水に浸かって、落ち葉除去をしなければならないという面倒なことになっています(苦笑)

昨日は地震もあったし、なんだか不安な感じです。
[2009/08/10 22:19] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/885-091ac156




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。