スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

古代のマロンもといロマン 

奈良の長屋王邸の跡から

「武蔵の国の策覃郡」「菱子」「一斗五升」

の字が読み取れる木簡が出土しています。
「策覃郡」は「さきたまぐん」と読まれ、埼玉県行田市付近なのではないかと推測されます。
そこから一斗五升も運ばれた(?)「菱子(ひし)」とはどんなものだったのでしょうか?


hisi090723.jpg

この写真。
これが菱です。
葉っぱをよく見てみるとギザギザが家紋の三階菱のよう。
またはお雛様にお供えする菱餅を横から見た形に似ていますね。

似ていますね……というか、この植物の"菱"が先なわけで…漢字はトゲトゲした実の形を元に作られたという説もあります。
忍者が持っている"撒きビシ"はこの菱の実を投げたのが最初とも。

味は栗のような風味で、古代は先の木簡にもあるように税の一つとして納められていたようです。
利根川と荒川に挟まれた埼玉群は水郷地帯でこのような水生植物が多かったのでしょう。

戦中、戦後に子供時代を過ごした方はよく食べていたそうで、その頃にも結構自生していたようです。現在、我が家の付近で自生しているものはごく少なく、持っている方に株分けしていただきました。

これから花が咲いて、実がなるそうですが、はたして上手く育てることができるかどうか。
上手くいったら写真UPします。


あ、いっぱい採れたらこれで納税しましょうかね(笑)
だめか(笑)







先日、行田のガイドボランティアさんと交流してきた時の写真。
さきたま古墳群や忍城跡を案内していただきました。

sakitama-002.jpg  sakitama-003.jpg

sakitama-000.jpg  sakitama-001.jpg
前玉神社
ここは「まえたま」と書いて「さきたま」と読みます。
スポンサーサイト

[2009/07/23 17:47] 雑記 | TB(0) | CM(2)

さきたま

「さいたま」って「さきたま」から来たんでしょうかね。なんかそういう感じに思えました。
郷土史などの研究、進んでますね。菱の実とれたら見せてください(^^;)。
[2009/07/28 22:14] -[ 編集 ]

huitreさん
そうです。
「さきたま」が「さいたま」の語源です。
上の写真の「ぬりかべ」のような碑に「埼玉県名発祥の碑」と刻まれています。

菱の実。
冷夏の影響が出ず、無事に実ったらご覧に入れますね。
[2009/08/02 20:23] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/881-c9bc8204




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。