スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

泳いで参った!と姫武者 

慶長14年、関ヶ原の勝者家康は天下統一の仕上げとして豊臣に戦を仕掛ける
太閤秀吉がその力を全て込めた居城大坂城
そこにはかっての栄光を取り戻すため、豊臣のため多くの浪人、武将が集まっていた

かっては土佐22万石の主 長曾我部盛親
秀忠3万を足止めした昌幸の子 真田信繁
宇喜多家57万石の筆頭家老であった 明石全登
黒田家では1万6千石を拝領した男 後藤基次
豊臣へ為、1千石をなげうち馳せんじた 毛利勝永
豊臣家臣筆頭大野治長の弟 大野治房
秀頼の乳兄弟、弱冠22の美男子 木村重成
かれら七将の他、薄田兼相、塙直之等の歴戦の強者達

しかし、大坂城の最高権力者は秀頼の母淀とその取り巻き達であり、七将らの発言力は弱かった
又、この七将達も思惑はそれぞれ。真に豊臣の為に戦うは毛利、木村、大野くらいか…

その時、浪人で溢れかえる大坂城の人だかりを掻き分けて本丸に向かう男が一人
全身に水を滴らせ、息も絶え絶えだが、眼光鋭く人々は気押され、彼のために自然と道が出来ていた
しかし、一介の城兵を城内に入れるわけにはいかぬと彼を遮る門番。しかし、そのずぶ濡れの男は一喝した

その頃、殿中では真田、後藤らの野戦出兵策は退けられ、籠城と戦いの方針は決まっていた
「真田殿、後藤殿の策を取れば勝てようものを……」
歴戦の武将達はこの大坂城の首脳陣を嘆くと共に、彼等を押さえ、七将すら束ねる強い指導力と実績を持つ男が居れば…と思わずにはいられない
初めはそれを、秀吉の遺児、秀頼に期待したものだが、もはや望むべくもない…そんな時だった

――バタン!!

ふすまを開き、ずんずんと上座に進む男。それはさっき、大坂城に現れたずぶ濡れの男だった
「何者ぞ!!」
叫んだのは若き秀頼の忠臣、木村重成
しかし、彼の後ろの淀殿や治長、いや、彼らだけでなく後藤や真田ですらその顔に驚きを浮かべ、ただ呆然とその闖入者の顔を見ていた

「殿……」

明石全登がようやくといった感じで放った言葉に、重成を初め、その場に居た武将達は皆、驚きの声をあげた


「宇喜多備前中納言八郎秀家、豊臣家の御危機を聞き、八丈島より  泳  い  で  参  っ  た  !!!」


秀吉に実の子、いやそれ以上の愛情を受け育ち、豊臣政権の五大老であった男が再び豊臣の為に戦うため帰って来た…

(2ch戦国時代板「泳げよ宇喜多秀家」スレより転載)



P1000532.jpg


宇喜多スレで「幻の城」の新装版が出たとあったので早速買ってきました。
八丈島に流された宇喜多公を幸村が呼び寄せようとする話。
「このコピペみたいな小説がある」とスレでも話題になっていましたが、もしかするとコピペを書いた人はこの本を読んでいたのかもしれません。

とりあえず四分の一ほど読みましたが、架空戦記ものになるのか終盤で史実に沿った形で風呂敷を畳むのかは今のところ分かりません。思った以上に幸村の出番が多いのにホクホクしつつ、十勇士のあの人物が早々に退場したのが残念だったり(何かの伏線で再登場なんてことがあるといいなぁ)。
作者の風野真知雄さんは「水の城 いまだ落城せず」を書いた人なのでこれもきっと最後まで楽しく読めると思います。



そして「幻の城」の近くに「忍城の姫武者」があったのでこちらも購入。
真田氏のススメのブログで紹介されていて知ったのですが、これは表紙が可愛いすぎるだろうと。萌え絵とまではいかなくても一瞬ライトノベルかと思ってしまうような甲斐姫に惚れました(笑)

ちらっと奥付を確認しようとしたら、最後に参考文献がしっかり明記されていてしかもその数は他の忍城関連の小説にはない量。たとえ内容が悪くてもこれは買ってよかったとまたホクホクしてしまったのでした。
しかし、「妻沼町誌」まであったのには笑った。地元の人間が言うのもなんですがアレは使えなさすぎる(汗)


そういえば「のぼうの城」。
本格的に映画化の話が動いているみたいですね。
作者が講演会で語ったとか語らなかったとか。
本当に映画化が決まったのならとても喜ばしいことです。
あとは資金と監督次第かなぁ。
役者さんはあんまり事務所の力が強くないマイナーな人の方がいいですね。
事務所の意向でスートリーや演出が変更されるのは困るので。





スポンサーサイト

[2009/05/12 21:59] 雑記 | TB(0) | CM(2)

「忍城の姫武者」!

2匹目のドジョウはいるのかしら……

確かに表紙が萌え系ですね。

今度本屋さんへ行ったらチェックしてみます(^^)
[2009/05/13 01:29] -[ 編集 ]

クニさん
内容さえよければ2匹目も釣れるとは思いますが……はたして。
1匹めもどちらかというとマスコミへの撒き餌がよかったからあれだけ話題になったのだと思います(笑)

ともあれ、実は甲斐姫が主人公の長編小説というのは私の知る限り初めてなので楽しみです。
これから下巻が出るそうなので今まであまり描かれたことのない浜田兄弟の謀叛話などが出てきたらいいなぁなんて期待しています。
[2009/05/14 14:30] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/859-67b6c8d9




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。