スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

近況 

ご無沙汰しております。
ぼーっと日々過ごすうち今年もあとちょっとで終わりというところまで来てしまいました。
ブログの更新も滞っておりまして……とほほ。

ですが自分としては充実した毎日を送っております。
「便りがないのはいい便り」ということで……(^_^;)

ご用があります場合にはメールやmixiのメッセージでご連絡ください。
ネットは毎日つないでいます。ブログのメールフォームから送る場合には返信用のアドレスを明記してくださいませ。

081127-000.jpg

先日、丸一日ゆっくりできる時間が取れたので、数年ぶりに鴻巣の勝願寺へお参りに行ってきました。
ここには真田信之の奥方であった小松姫や仙石秀久、関東郡代の伊奈忠次らのお墓があります。
前に訪れた時、伊奈忠次の事を知らずに小松姫のお墓に手を合わせて終わってしまったのが心残りでいて、今回はしっかりお参りしてきました。

忠次は戦国~江戸初期の関東で検地を行い、治水や農業発展に尽力した人物です。
私の住むところにも彼の名を付けた「備前渠用水(備前は伊奈備前守忠次の備前)」が流れています。
彼は他にも色々やっているようですが、時間がないので省略。

小松姫の墓所は前に来た時よりきれいになっていたような気がします。
お花も供えられていました。
以前よりお参りに来る人も増えたのかもしれません。

埼玉県内の数少ない真田関連の地ですが、行こうと思えばいつでも行けるという場所というのはなかなか足が向かないものですね(^_^;)
スポンサーサイト

[2008/12/10 22:51] 雑記 | TB(0) | CM(2)

私は2年前くらいに勝願寺へお参り行きました。
伊奈忠次と言う人物さえ知らず、真田氏だけお参りして帰ってきてしまいましたが、長野県から勝願寺へ行くには、大変でした。
高速を降りてからが複雑な感じでした。
[2008/12/11 00:13] -[ 編集 ]

うたかたさん
高速だと東松山ICで降りたのかしら?
時間はかかりますが手前の本庄で降りて国道17号を走るとほぼ一本道で分かりやすいですよ。

忠次の親類には家康の命により景勝詰問の為、会津へ赴いた伊奈昭綱がいます。上杉からの返答があの「直江状」となるわけですが、もしかすると来年の大河にちらっと出てくるかもしれません。
[2008/12/13 15:47] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/828-16a554d0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。