スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008年松代真田十万石まつり 

matsu-08-002.jpg

無事、行ってきました。
今年も殿がかっこよかったー。

今年は行列が出てくる広場にブルーシートが敷かれ、お客さんが座って見れるようになっていたのがよかったですね。後ろの方からでも写真が撮りやすかったです。
とはいえ、三回目ということもあって今回あまり写真は撮りませんでいた。
松代も上田同様若いお嬢さんが増えてきたので、ネットでレポをUPする人も増えているかと思います。
自分で書くより、人のを読んだ方が面白い。うん。




matsu-08-000.jpg  matsu-08-001.jpg

今年は松代へ行く前に善光寺をお参りしてきました。
時間が早くて、参道のお店はまだあまり開いてなかったのが残念でしたが、お勤めを終えた上人様がお帰りになるところへ出くわして、お数珠を受けることができました(頭をなでていだだきました)。

時間があれば修復が終わった山門を見学していくつもりでいたのですが、9時半からということで断念し、篠ノ井にある長野市図書館の南館へ向かいました。

信之霊屋の保存修理報告書を見るために行ったのですが、郷土資料なんて大した量ないからすぐ見つかんべぇとタカをくくっていたら、いやいや多いこと多いこと。
あわててパソコンで検索してみるも「信重霊屋」しか出てこない。仕方ないので「信重霊屋保存修理報告書」のあるべき場所へ行ってみるとそれすらなくて。
しかしふと視線を下段に落としたら運良く「信弘霊屋」と「信之霊屋」の二冊がありました。

が、残念ながらそこでタイムアウト。
とりあえず、墨書や棟札などの資料部分だけざっと見て、彫刻師について書かれていないかを確認するだけで終わってしまいました。
わずか数分でわかることなどほとんどなく、彫刻師の名前も見つけられずに終わってしまいました。

掲載されている写真は(なにぶん30年近く前に出版されたものなので)画質も悪いし印刷もいまいちでかなり残念なものでした。修復後のカラー画像も六文銭.comのうたかたさんの写真の方がずっと鮮明ですし、得られる情報が多いです。
それでも修復前の瓦屋根の状態(現在は杮葺き)が見られたのは収穫でしたけれど。
信之霊屋も修復前は現在の長国寺の開山堂のような状態だったようです。

今度はお祭りのついでではなく、きちんと調べに行こうと思います。
善光寺山門や信弘霊屋の報告書もじっくり見てみたい。




おまつりより建築の話になってしまった……すみません。
とにかく本日参加されたみなさん、見物された皆さん、お疲れ様でした。
スポンサーサイト

[2008/10/12 23:33] 雑記 | TB(0) | CM(3)

お疲れさまでした

 昨日は結局23時に自宅に到着です。
 上信越、関越道は3ヶ所で大渋滞にはまりました。
 十福の湯で1時間遊んだとは言え・・・・。

 次は来月、今度は行田市、忍城ですね。
 近いので楽で良いです。
 その代わり・・・自分は甲冑装備ですが・・・。
[2008/10/13 23:23] leF2ecbc[ 編集 ]

彫刻師

彫刻師と天井絵の画家は確かに気になりますね。
[2008/10/14 00:26] -[ 編集 ]

石野さん
あらら、渋滞にはまってしまいましたか。
お疲れ様です。
忍城、お気をつけていらして下さいね!



うたかたさん
今回見たのは「工事の報告書」だったので、次は文化財としての見地から書かれたものを探してみようと思います。
それならきっと載っているはず……。
[2008/10/14 19:46] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/812-3fea08e7




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。