スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

桶川のガイドボランティアさんとの交流会 

ok080617-001.jpg  ok080617-000.jpg


昨日、桶川市へお邪魔してボランティアガイドの皆さんと交流してきました。

まず、桶川市川田谷の生涯学習センターへ。
こちらには「歴史民俗資料館」が併設され、館長さんに案内していただきました。
桶川の歴史が資料とともにコンパクトかつ分かりやすく展示されていていい雰囲気。

資料館の次は近くの「泉福寺」へ。
仁王門の額に「東叡山」とあったのでてっきり上野の寛永寺の末寺かと思いきや、なんとなんとこちらが元祖。
「東叡山勅願院円頓房泉福寺」が正式名称。
天長6年(892)淳和天皇の勅願により、慈覚大師円仁が開山したそうで、寛永寺よりもずっと古いお寺でした。
戦国時代にはここに上杉謙信が陣を布き、北条氏康との戦いに備えたとのこと。
ご住職のお話をうかがった後、重要文化財の木造阿弥陀如来坐像を拝観させていただきました。

埼玉県内で二番目に古い熊野神社古墳
           ↓
  べに花ふるさと館と紅花畑見学
           ↓
    中山道 桶川宿 本陣跡
           ↓
        同   浄念寺
           ↓
         木戸跡
           ↓
          旅籠
           ↓
        島村家土蔵
           ↓
       稲荷神社の力石
           ↓
         大雲寺

と、丸一日かけてガイドの方に中山道沿いを案内していただきました。
桶川の町は空襲を受けていないため、江戸時代の中山道の名残をよく残していました。
ガイドさんも上手で、聞く側が飽きない工夫がいろいろなされていて、とても勉強になりました。

桶川の名産、紅花はもうすぐ花盛り。お祭りも開催されるとのこと。
人出がありそうですね。
スポンサーサイト

[2008/06/18 21:58] ガイド・郷土史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/774-d032a9c8




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。