スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

文化財の焼失 

siryou080212.jpg

写真資料を作っていてブログの方がおろそかになっていました。
レス等々遅くなってしまい申し訳ありません。


歓喜院聖天堂の工事現場は日時を限って(事前申込制で)一般の方にも公開しています。
ですが、現在は漆塗りの作業が佳境に入り、ほとんどの場所がビニールシートで囲われて見ることができません。
せっかく来てくださった方に少しでも分かりやすく……ということでシートで覆われる前の状態の写真を大きく印刷して資料集を作ってほしいと頼まれまして……。
なれないソフトで四苦八苦しながらなんとかやってみました。
写真屋さんや印刷屋さんに頼めば楽だし早いし綺麗でいいのかもしれませんが、手造りも味があっていいかなと(笑)
ガイドメンバーから苦情が出たら、改良していく予定です。
(ソフトに慣れたら、もっといいものができると思うし/苦笑)


ここ数日、韓国の南大門が火と消火の水圧で崩壊する衝撃的な映像がテレビから流れています。
どうやら放火による火災だとか。

報道によるとすぐに消防が駆け付けたものの水による損傷を恐れて有効な消火活動がなされなかったようです。そして燃え盛る火に慌てて放水して結局あの大崩壊。
日本では法隆寺の金堂壁画が火災で焼損したのを機に文化財保護法が作られ、毎年1月26日(法隆寺で火災のあった日)の文化財保護デーに合わせて文化財を保有する寺院や地域で消防訓練が行われています。
ただ、長年やっていると「慣れ」というものも出てくるわけで、今回の韓国の事件を機に日本ももう一度文化財の防火、消防について考えてみる必要があると思います。

しかし、本当に南大門はもったいないことをしました。
建築様式や彩色は日本にも影響を及ぼしているものだったでしょう。
再建はどうするのでしょうか。物価が違うので鵜呑みにできませんが報道されていた再建費用はとても安いものだったので心配です。
まさか、火災に強い「鉄筋コンクリート」になんてならないよね……。
スポンサーサイト

[2008/02/12 22:42] ガイド・郷土史 | TB(0) | CM(2)

確かに衝撃的な映像でした・・・・。
いや~、これが日本だと、姫路城が全焼したような物ですよね・・・。
韓国の人は、ショックでしょうね・・・。
[2008/02/13 19:57] -[ 編集 ]

韓国のシンボルですもんね。
姫路城が全焼したらわたしもショックで気が抜けてしまうかもしれません。
[2008/02/14 21:32] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/732-01996b17




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。