スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

'07大河―見方にも敵にも早く成田殿 

――長泰刀切れもはなれず
                    力阿弥



大河ドラマ『風林火山』を見ての感想です。
自分用のメモとしての記事ですので、おふざけが入っていることもあります。また、ネタバレもあるかもしれませんので、お気をつけください。


参考
・『風林火山』(井上靖/新潮文庫/平成4年72刷)
・公式サイト
・『NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山』(NHK出版)
・『成田記』(小沼十五郎保道/大澤俊吉 訳・解説
                        /歴史図書社)
・『妻沼町誌』
・『名将言行録』
・2ちゃんねる内の大河関連スレッド






【第46回・「関東出兵」】

伊勢姫、忍からも霊峰富士は見えまするぞー(笑)
ということで、下の写真は昨年行田はさきたま古墳群にある丸墓山古墳から撮った富士山です。
osijo07.jpg  osijo-fuji.jpg

ちなみに小田原攻撃前、北条に就いていた成田氏を従属させようとした謙信がこの丸墓山に登って城の形勢を偵察、水攻めにしようとしたというお話しもあります。
が、この話は後の石田三成の水攻めとごっちゃになってるような気がしますね。

今回は地元の殿様が登場するということで、家族と一緒に視聴しました。全国的にマイナーな成田さんにスポットが当たるとは……感涙。
それでも放送を見るまでは、悪い人物に描かれていないだろうかと心配で心配で……。
一番心配だったのか「名家」であることを鼻にかけてふんぞり返っているような人だったらどうしようかと。
実際は心配するほどではありませんでしたけれども。
しかし、どっちかというと長泰さんではなく伊勢姫がいいところを持っていってしまった感じですね。演じていたのも癒し系女優の井川遥さん。テレビの前の殿方も目を奪われたことでしょう(笑)

謙信が弓矢や鉄砲が打ち込まれる中、悠々と酒を飲むエピソードを持ち出すのに伊勢姫を絡ませてきたのには思わず「うめぇw」と呻いてしまいました。時折神がかり的な言動する謙信でもさすがになんのきっかけも無く北条軍の前に行って酒を飲むわけにはいかないし、動機付けとして伊勢姫の煽りと「ならばみせてやろう」と……。

伊勢姫のお話は"ドラマ"としては面白かったですね。
どうやら来週も活躍するようで、楽しみです。

江戸時代に書かれた『成田記』では、人質として取られたのは長泰さんの奥さんではなく、末子の若枝丸で厩橋(前橋)に囚われていたとか。
鶴岡八幡宮の事件直後の若枝丸奪還作戦もドラマ的には面白い話ですが、大河ではどうなるのでしょうか。
伊勢姫は無事に帰れるのかな?
謙信もお母さんにそっくりな人に酷いことはしないと思うけれど……。


さて、「今まで見てなかったのに、今日だけ見たってわかんねぇょ?」と言う家族に、「今日出てくる成田さんは紵絲斗帳を奉納した人だがね。あと、聖天堂の棟札でこの人のおかあちゃんが大檀那になってるのがあったがね(#^ω^)」と地元絡みの解説をし、興味を持たせてみました。


※『紵絲斗帳』は「ちょしとちょう」と読みます。
鴛鴦(おしどり)と雲の連続紋が織られた布で、忍城主成田長泰が天文21年(1552)厨子に懸ける為に妻沼の聖天様に奉納したものといわれています。裏面に記された作者、産地から中国明の時代のものだとの事。
埼玉県指定文化財。

※成田親泰室(長泰の母親?)
斎藤実盛の後裔、長井斎藤家より成田家に嫁いだというお話があります。(「藤原姓長井氏之家譜」)
――確かめようと思って、大澤俊吉訳『成田記』の付録にある「龍淵寺本を元にした成田家の系図」を見たら、女性は殆ど省略されていて実際のところは私にはよく分かりませんでした――
で、祖先の祀った聖天宮を再建したとの事。(「聖天宮旧記」)


鶴岡八幡宮の件は家族も興味深く見ていましたが「ちょっとぶちすぎじゃね?」と。これはまぁ、ある意味サービスかと(苦笑)


今回は色々てんこ盛りで、楽しかったですね。
香坂さんと勘助の「結婚しないの?」話に吹き出し、ぽかーんとする家族の前で笑い転げてしまいました。
分かる人には分かる話とはいえ、やはり家族と一緒にの大河観賞は危険だなぁ。





紀行:厩橋城跡(群馬県前橋市)
スポンサーサイト

[2007/11/21 23:08] 時代劇 | TB(0) | CM(2)

鶴岡八幡宮なら

 鶴岡八幡宮を本当に利用して、あの階段をガクトが、あの装束でゆっくり登っていけば、本当に絵になったと思います。それが・・・残念ですね。
 伊勢姫の井川遥さんは綺麗ですね。諏訪姫はあんな感じの女優さんの方が、良かったように思えますがね。
 
[2007/11/22 12:14] leF2ecbc[ 編集 ]

鶴岡八幡宮は一大観光地ですからスケジュール調整が難しかったのかもしれませんね。私も見たかったなぁ。
由布姫はあれはあれでよかったと思います。最後の方では芝居もだいぶいい感じになっていたし。
一年かけて役者さんの成長を見られるドラマって今では大河くらいしかなくなってしまいました。
[2007/11/22 20:45] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/699-81adbd30




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。