スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

語り部をやってみないか 

nuko070927-1.jpg昨日の一眼レフで撮った写真。
どうせろくに写っちゃいないさと普通の現像だけお願いしておいたら、思ったより良い出来で……


プリンターのスキャナで取り込んだので、結局いつもとなんら変わらない画像となってしまいました。次からはCDに焼いてもらおう。

デジカメだと一箇所にピントを合わせたいのに勝手に全てにピントがあってしまうことがよくあるのですが(多分やり方があるはずですが、分からない/汗)、このカメラだと好きなところにピントが合わせられてとても使いやすいです。おばちゃんにはやっぱり手動がいいみたいです。
カメラと使う人間が同い年で気が合うのかも(笑)



さて、今日は郷土史の先生のご来訪がありました。
こちらからおうかがいするはずだったのになんだか申し訳ない……

今、先生は地域の昔話を伝える「語り部」を育てていく構想を練っているとか。一緒にどうかとお誘いいただいたので、私も少しですがお手伝いしていくことにしました。

われわれの住む地区には先生が知っている限りで40~50の昔話があるそうです。
それをまず先生が口頭で私たちに話し、私たちはそれを書き取って自分のモノにして、子供たちに伝えていくという風にするそうです。

学生時代、とある学校の口承文芸コースにいたのですが(教室にいただけで8割方寝ていましたが)、まさか自分が伝承する側に回るとは思いませんでした。
教授が「僕が学生の時分は金田一先生がアイヌから聞き書きしてきたユーカラを寝ずに書き写したもんだよ。今はコピーですぐに写せてしまうから羨ましいもんだ」とこぼしてましたが(というか、金田一先生の生ノートを書き写せたなんて反対にこっちが羨ましいんですが)、それと同じ作業をこれから行っていくんだなぁと思うとなんだか感慨深いです。

居眠りなんぞせずにちゃんと授業を受けておけばよかったですね。口承文学の聞き取りってどうやるんだろう。散々聞いていたはずなのに何も覚えていない(汗)



さっそく近日、郷土史の先生に同行させていただいて、某所で郷土の歴史を伝える活動の実際の様子を見学することになっています。
話し下手な私にどこまで出来るかどうか……不安ですが出来るところまでやってみようと思っています。
スポンサーサイト

[2007/09/28 23:22] 雑記 | TB(0) | CM(4)

文字より

口伝・語りの方が、微妙な間や感情・ニュアンスが伝わっていいですよね~

稲川淳二みたいな語りだと聞きづらいけど(^_^;)

[2007/09/29 19:31] pQfpZpjU[ 編集 ]

そうですね。語りは温かみもあるし、記憶に残りやすいと思います。
稲川さんの語りは好き嫌いが分かれるところですね(笑)

[2007/09/30 00:51] JLOtVP6o[ 編集 ]

五感

語り部……
いい響きですよね。
文章と違って五感に訴えることができるから、
いろいろな表現ができると思います。
頑張ってくださいね(^_^)
[2007/10/01 22:21] -[ 編集 ]

クニさん
ありがとうございます。がんばります。
一応、方言やジェスチャーをまじえて語りをしていけたらなぁなんて思っています。

[2007/10/03 19:59] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/669-ea2af682




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。