スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

広辞苑 第一版 

ko-ji.jpg
広辞苑がだいぶボロボロになってきたので、
そろそろ買い換えようかと、検索してみたの
ですが、どうしても初版が見つかりません。

最新は第5版。以前チラッと見たときに
調べたい語句が見つからず、がっかりした
記憶があって、買い換えるとしたら
使い慣れた初版がいいなぁと思って
いたのですが……。

初版は普通の辞書と古語辞典のどちらに
入れるか迷うような、死語ともちょっと
性格の違う語句が多くて便利なのに。



そして……初版の一番の気に入ってる部分が
人名が豊富ということなんですけれど。

特に三国、戦国の人名が多く、氏姓の由来まで
あったりするので、読んでいて楽しいのです。

編者の新村さんたちにとっては江戸時代なんて
つい最近の時代だったわけで、庶民も講談など
で武将の話はたくさん聞いてるし、一般常識
だったと思います。

今ではテレビの時代劇も少ないですしね。
普通の辞書に載るのは三傑くらいでしょうか。



広辞苑一冊で大抵の事が分かるのが楽で
よかったのに、机の上に辞書三冊も置く
のはなぁ、他の資料でいっぱいだし。

電子辞書は今ひとつ信用ならないし。

使用用と保存用であと二冊。
広辞苑第一版が欲しいです。
何刷でもかまわないので第一版を……。
ちなみに我が家のものは上の写真の通り26刷です。
スポンサーサイト

[2006/03/24 21:06] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/60-45054068




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。