スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手塚太郎光盛の供養塔 

地元のお祭りもひと段落。
ホトトギスのさえずりにふと上を見上げたら、いつの間にやらソメイヨシノが緑の葉っぱで覆われていました。
ここ一週間、下ばかり見ていたんだなぁ。

心に余裕を持って日々を過ごしたいところですが、そうもいかなかったり……(笑)




とりあえず明日中に手塚太郎光盛の供養塔について調べる事!(自分用メモ)

まさかあの光盛の供養塔が塩田平にあるなんて思っていもいませんでした。
しかも地名が「手塚」。どうやら館跡なんてものもあるらしいです。
手塚太郎光盛という人物は手短に言うと、斎藤別当実盛を討ち取った武将です。木曽義仲の軍の人です。

手短過ぎますか?(苦笑)
今、眠くて頭が回らないので時間があったら明日ちゃんと書きます。
すみません。


思わぬ伏兵の登場で29日の上田攻めの計画に乱れが生じています。
どうしよう(;^o^)
スポンサーサイト

[2007/04/21 22:41] 雑記 | TB(0) | CM(8)

手塚太郎光盛

はじめまして

小生、光盛の子孫にあたる(はずの)者です。
山梨に在住していますが、上田にも2度ほど足を
運んだことがあります。

管理人様お書きのように、手塚の地は光盛のホーム
グラウンドと思っています。

五輪の塔,光盛寺跡,守本尊といわれる元木の地蔵,
流鏑馬史跡,馬の足跡の橋など多くの痕跡があります。

金刺の系が手塚の地に住み着き、その地名を名乗ったのが手塚姓の発祥と思っております。

上田にいらっしゃった成果はいかがだったでしょうか? 光盛周辺で情報などあれば、是非ご教示下さいませ。


[2007/08/03 13:10] -[ 編集 ]

コメントありがとうございます。

左京亮様
お返事が遅くなり申し訳ありません。

去る4月29日に手塚の地を訪れました。
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/blog-entry-574.html
にも書きましたが、当日は濃霧に見舞われ手塚という地名を確認するのみで終わってしまいました。
次回行く時はもう少し時間を掛けてしっかり見てくるつもりでいます。

光盛のご子孫に書き込んでいただけて大変嬉しく思います。こちらこそ色々お教え願いたいです。何かの時にはよろしくお願いします。

[2007/08/06 21:18] JLOtVP6o[ 編集 ]

少しわかりました(笑)

管理人様が「あの光盛」とか「手塚」に思い入れをもって書いていらっしゃるのが少し不思議だったのです。

ブログを拝見して、わかりました。 お住まいが実盛のお膝元なんですね。

どうりで~(笑)

上田にせっかくいらっしゃったのに、天候が悪くて残念でした。 天候が良くても看板とか立ってるわけじゃないので、わかりずらいかも。。。です。

行かれたときは、ずうずうしく土地の方に聞くのがいいと思います。 無量寺というお寺に「元木の地蔵」という光盛の守本尊がありますが、そのあたりは行きやすいと思います。

手塚大城や手塚太郎五輪の塔など民家の中にあったりしますが、めげずに入っていけばなんとかなります。

小生がコメントできるのは、光盛のこと限定ですが、
何かありましたらブログに書いてください。

「草屋敷」ブックマークしときましたので。(笑)




[2007/08/07 07:48] -[ 編集 ]

お返事遅くなりました

左京亮さま
そうなんです。
しかも実盛の銅像を前にして実盛の最期を語ったりしています。

手塚光盛がどういう人物なのかまったく知らずに講釈を垂れていてはまずかろうと調べてみたら、上田にゆかりの地があることを知ってお祭りに行くついでに突発的に訪れたのでした。

10月に再び行ってみるつもりです。
今度はしっかり計画を立てて発見できるようにしたいと思います。

メールでの情報もありがとうございました。
参考にさせていただきます!
[2007/08/20 18:06] JLOtVP6o[ 編集 ]

情報提供します(ほんまかいな?)

よも様

殺人的なスケジュールですね。。。
暑さもハンパじゃないので大変ですが、がんばってくださいね。

小生がご先祖様のことを調べようと思ったのは、2年ほど前です。 光盛は平家物語では諏訪の住人とされていますし、多くの方(当時の小生も)はそう思っているんじゃないでしょうか?

上田の手塚には古くから伝承はあったものの、諏訪説もあり、さほどアピールされずにきたようです。 割合最近になって、流鏑馬走路と思われる直線の道や馬場跡も見出され、これは手塚氏のものであろうと推測されるに至ったのです。

多分、上田の方でも郷土史に興味のある方でなければ光盛のことをご存知ないでしょうが、「手塚」に行くとここに確実にいたんだなと思えるのです。

よもさんが、上田に行くまでに光盛情報をまとめてみます。 役に立つかどうかわかりませんが。。。

光盛が武運を祈ったとき、馬の足跡がついたとされる石橋です。
http://www.plays.jp/adiary/diary6.cgi?id=mahoroba&action=view&year=2005&month=11&day=30


[2007/08/20 19:36] -[ 編集 ]

すいません

お名前を間違えました。
小生も暑さのため、ちょっといっちゃってます。
(前からか。。。)
[2007/08/22 07:30] -[ 編集 ]

私も諏訪だと思っていた一人です。

当時の人名は住んでいた地名に因るものが多いそうなので「手塚」の地は光盛と関係があると見ていいと思います。

>流鏑馬走路と思われる直線の道や馬場跡
は興味深い発見ですね!
自分でも10月までに手塚についてできる限り調べてみようと思います。


あ、名前の事どうぞお気になさらずに。
私も結構ボケボケしてますので、間違えたらお互い様でということで以後よろしくお願いします(笑)
[2007/08/22 17:24] JLOtVP6o[ 編集 ]

名前は大事ですね(笑)

諏訪下社大祝の金刺の一派が、数代前から手塚の地に住み着いて手塚太郎を名乗ったと思っているんですよ。

下社系武力の結集のために、下社秋宮内に霞ヶ城を築いて、光盛や兄とされる金刺盛澄らがその中心となった。

だから、平家物語などは諏訪の住人手塚太郎金刺光盛と書いてあると思うんですよ。

名前が由緒と現在を現しているんですね。
[2007/08/22 18:33] -[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/558-53a00dc4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。