スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

'07大河―主人公は誰だ?! 

大河ドラマ『風林火山』を見ての感想です。
自分用のメモとしての記事ですので、おふざけが入っていることもあります。また、ネタバレもあるかもしれませんので、お気をつけください。


参考
(ネタバレが怖くてほとんど見ていなかったり……)
・『風林火山』(井上靖/新潮文庫/平成4年72刷)
・公式サイト
・『NHK大河ドラマ・ストーリー 風林火山』(NHK出版)
・2ちゃんねる内の大河関連スレッド各種





【第10回・「晴信謀反」】

今週で信虎を追い出してしまうものとばかり思っていたので、幸隆さんの出番があんなにあるとは!
家臣に他の家に仕えてでも生きろと諭す姿はとても素敵でした。
思わず涙ぐみそうに……

しかし、幸隆さんの扱いが良すぎて誰が主役の大河か一瞬分からなくなりました。
この回だけ見たら、今年は「真田三代記」やってるのかって勘違いする人がいそう(笑)

源太郎は後の信綱さんですか、なかなかしっかりした顔立ちの子役でした。他の兄弟も登場してくれるといいなぁ。

忍芽さんもかなりさばさばしていて、気持ちのいい女性の印象です。しっかり武装していたけれど、武術の心得がある設定なのかな?夫婦喧嘩になったら簡単に幸隆さんに勝っちゃいそうな感じです。



今回は……今川の三人がかなりの異彩を放っていました。
一昨年の妖怪三人衆(後白河法皇・丹後局・平知康)を彷彿とさせる不気味っぷり。

寿桂尼「信虎と枕を同じにするのは嫌じゃ!」
雪斎「いや、枕を同じうすることはありませんよ」

のやり取りはなんともアレな感じで、吹きだしてしまいました(苦笑)
今度から彼らを今川の三妖怪と密かに呼ぼうと思います。



正直、原作を読んで(あと民放のドラマを見て)まさかこんなに面白い大河になるとは予想だにしませんでした。
DVDのために今からでもコツコツお金ためようかな。
約一名この名作を迷作にしかねない人物の存在が気になるところですが……(苦笑)





紀行:韮崎 武田八幡 新府城跡



スポンサーサイト

[2007/03/11 21:43] 時代劇 | TB(0) | CM(2)

真田幸隆の出番は・・

 この調子なら、真田幸隆の出番はかなり多そうですね、この大河ドラマ。
 海野棟綱へのナレーションだけで、海野家への言及は全くありませんでしたが・・・。

 史実では松尾城は攻められていないと思います。幸隆は攻められる前に放棄しているから、当然なんですけど・・・。
[2007/03/12 20:00] leF2ecbc[ 編集 ]

大河ドラマですからね~(^-^)

あまり詳しくやってしまうと、ホントに幸隆が主人公になってしまいますよ(笑)

そういえば、一緒に見ていた家族が「海野、禰津、望月」の名を聞いて「お、今年は十勇士も出てくるのか」なんて言っていました(苦笑)

[2007/03/13 18:07] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/522-a7707eee




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。