スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

妖怪おおかむろ 

ananojaku00.jpg

前髪が目に入って邪魔だったので、
自分で微調整しました。

縦にはさみを入れたのに、なぜが一直線に
出来上がり(ある意味器用だ)、どこをどう
見ても「おおかむろ」にしか見えません。
妖怪……か。

ここに記述する上で、おかっぱの妖怪の
名称は「おおかむろ」でよかったのだろうか?
と検索してみたところ、水木しげる先生の
おおかむろは髪を横になびかせて、
かなりスタイリッシュでした。
妖怪よりダサい……のか。



上の画像は聖天様の南の入り口にいる天邪鬼です。

幼い頃、祖母に「アマンジャクなこと言うな。
あすこんみたいなおっかない顔になるよ」と
よく注意されました。

今まで大して意識していませんでしたが、
よく考えてみると、東側の貴惣門では持国天、
多聞天に踏みつけられているのに、ここでは
なぜか入り口を守護しているんですよね。

で、よく見てみるとあれなんです。
興福寺の天灯鬼像・竜灯鬼像と同じなんですよ。
何かにしがみついてるなぁとしか思っていなかった
のですが、それはしがみついてるんじゃなくて、
灯篭を掲げているのです。

そして、驚いたのが下に彫られた年号。
「安永二年」つまり1773年。
そんなに古かったのか、と。
戦後のものだと思っていたら、
貴惣門より古かったので驚きました。

たぶん天灯鬼・竜灯鬼をモチーフに
しているんだと思うのですが、
天邪鬼をこういった形で独立させ、
守護神にしている所は他にもあるのでしょうか。

スポンサーサイト

[2006/03/19 16:13] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/51-69ed6e51




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。