スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

史料集 

hon070213.jpg本日購入した本。
『仏像のひみつ』は母に頼まれてついでに注文したものです。が、仏像についてとても分かりやすく書かれているので私も読むつもりでいます。

『日本史 史料集』は高校の日本史で出てくる史料を抜粋し、現代語訳と解説をつけたものです。日本史の教科書と図説資料は残しておいたのですが、史料集は引越しの際に処分。今になって、もう一度見たくなってしまって購入しました。

でも、届いたものを開いてみたら、当時使っていたものとは違うような。再訂版とあるけれど本の大きさや厚みも、使っている紙質や中身のレイアウトも全然違う……取り扱っている史料は同じだったので、別に問題は無いですが、前のはもっと註や解説が多かったように思います。
もしかして山川以外から出ているのを使っていたのかなぁ?

ついでだから教科書と図説も買ってしまえばよかった。
10年近く前のものだからこれもだいぶ内容が変化しているでしょう。石器捏造発覚前のものだし。


nuko070213.jpg  hana070213.jpg

スポンサーサイト

[2007/02/13 18:07] 雑記 | TB(0) | CM(2)

真田太平記も見えますが・・

 歴史資料と言うと・・・、自分の手元に置いているのは、甲斐国史と歴史群像シリーズぐらいです。
 もう少し、色々と買い揃えたいですが・・・。
[2007/02/13 22:58] leF2ecbc[ 編集 ]

本格的な史料(資料)は値が張るので欲しいものがあってもなかなか買えませんねー。……それ以前に私の場合、注釈がついていないとまともに読めないので買っても意味が無いんですが(^^;)
『甲斐国史』もなかなか貴重な書物のようですね。

「真田太平記」のは物語で登場する場所を古地図とともに紹介しているものです。mixiのレビューを見て衝動買いしてしまいました。
古地図といってもやはり江戸後期のものが多いですが、昔の雰囲気が伝わってきて見ていて楽しいです。
[2007/02/14 20:08] JLOtVP6o[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/503-8e1d7b81




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。