スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

聖天堂の見学 

tenman.jpg

聖天堂の裏手にある天満宮
神仏混交の名残?



今日は工事現場の見学をさせていただきました。
昨年11月の一般公開のお手伝いをして以来です。

彫刻の漆塗りがだいぶ進んで、一部は下の
妙義神社のようにピカピカになっていました。

myougi.jpg



漆塗りは温度と湿度の管理を厳重に
しないといけないそうで、作業中の部分は
全てビニールシートで覆われていました。

聖天堂脇のプレハブでは、彫刻や柱の彩色の
下絵を描く作業が行われています。
そちらも見学させていただきましたが、
繊細な作業をなさっているところにドカドカ
踏み込んでしまって、なんだか申し訳なかった。

驚いたことに、実際に使う金箔や顔料を使って
下絵は描かれます。
数十年、数百年後再び修復する時にどんな物で
色を塗ったのか参考にするためでしょうか。



職人さんたちの根気のよさには本当に
頭が下がります。地元にいるのに
何も出来ない自分が恥ずかしい。
(むしろ今日なんて邪魔してるし)

後の世に残る仕事。
何か出来たらいいなぁ。
スポンサーサイト

[2006/03/14 22:50] ガイド・郷土史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/46-a6c91f6d




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。