スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本の話芸で真田―忍法霧隠れ 

土曜の昼間、教育テレビで『真田小僧』をやっていたと、昨夜
紫様のブログで知りまして、4時半に起きて再放送を見ました。

たぶん私の”初真田”は落語。
小さい頃、よく祖父が見ている落語番組を一緒に見ていました。
ある時やっていた演目の子供が銭を一つ一つ並べていく所と
真田幸村の名だけはっきりと覚えていて、後でそれが『真田小
僧』だと知りました。

演目や落ちから、今の地上波じゃあもうやらないだろうなぁと半
ば諦めていたので、もう本当に嬉しかった。

ビデオが壊れたままだったので、しかたなくMP3で音声のみの
録音でしたがそれでもいい。何度でも聞いてやる。
今はテープのように擦り切れることが無いから助かります。
(ぼけっとしていると一瞬で消えてしまうけど……)

しかし、落語なのにまじめに正座して聞いちゃったので、全く
笑えませんでした。
「取り囲んだ北条の軍を混乱させる為に用いたのって、松田憲
秀の家紋だったのか……小田原攻めの裏切りのせいでこんな
ところでも、裏切りそうな武将として上手く使われるとはかわい
そうに(笑)」
とか、全然違うところでニヤニヤしていました。
落語家さんすみません。

今日の人も立川一門でしたね。
上田のお祭で司会をしていた落語家さんも立川流で、ご縁を感
じます。




落語が終わって、さて洗濯……と窓を開けたら、一面真っ白。

kiri061210-0.jpg  kiri061210-1.jpg

凄い霧で10m先が見えない。
化粧もせずにカメラを持って飛び出して、写真を撮りましたが
慌てていたため、結局ただのピンボケ写真のようにしかなりま
せんでした。


kiri061210-2.jpg  momiji061100.jpg

今朝と20日前のほぼ同じ場所。
木の葉はすべて落ちていました。
スポンサーサイト

[2006/12/10 17:16] 雑記 | TB(0) | CM(2)

真田小僧

 真田小僧と言うのは・・・初めて知りました。
 前座ネタですね・・・たぶん。読んだ感じ、道具屋とか、そんな感じの小ネタ見たいに思います
 落語だと「寿限無」「たらちね」「道具屋」ぐらいしか思い浮かびません。
 三枝の新作なんか、幾つか聞いた記憶がありますけど・・。
[2006/12/10 20:58] -[ 編集 ]

落語

小ネタ……ですね<真田小僧

「寿限無」と「たらちね」も名前をネタにしたお話ですが、個人的には「たらちね」の方が好きかも。

三枝師匠……そういえば落語家なんですよね(しかも上方落語協会会長!)。上方落語はあまり聞いた事がないので、今度聞いてみようと思います。
[2006/12/11 16:59] -[ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/443-eed18fbd




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。