スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

忍城時代まつり'06―その十 

osi061112-061.jpg  お芝居が行われている間、
  ちょっと上の方から撮って
  いたのですが、いかんせん
  遠すぎるということで、下に
  下りてみました。
  こちらは真田隊。




osi061112-062.jpg  osi061112-063.jpg

石田三成の「大一大万大吉」と大谷吉継(吉隆)の「対い蝶」


大一・大万・大吉の意味するものとは
大とは天下を意味し、天下のもとで一人が万民の
ために、万民が一人のためにという世の中になれ
ば、すべての人が吉(幸福)となり、泰平の世がお
とずれるという意味だと考えられている。またこの
六文字は、一を「かつ=勝つ」と読み、万「よろず」
を万年の繁栄、吉を縁起のいい文字として、さら
にこれらに「大」を冠して、幸福を願う紋である。古
くは鎌倉時代の武将の石田為久(木曽義仲を射落
として知られる)が用いていた。
          (会場配布の「戦国史新聞」より)





osi061112-064.jpg  osi061112-065.jpg

続いて、武者行列です。
道が狭いのと歩く距離が短いのとでいい写真が撮れませんでし
た。残念。

そうそう、この時かかっていた音楽が大河ドラマ「秀吉」の
オープニングで一人でにやけていました。
「独眼竜政宗」と「武田信玄」とこれが大河の名曲ですねぇ。



osi061112-066.jpg




その十一
スポンサーサイト

[2006/11/25 18:16] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/418-d3fa1de2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。