スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

忍城時代まつり'06―その六 

osi061112-038.jpg  osi061112-039.jpg

博物館をゆっくり見てまわって、時刻は11時過ぎ。
お昼は閑居でいただこうと、てくてく歩いていきます。

写真は閑居の裏手、昔の足袋蔵を改装してギャラリーにした
「門(かど)」と「設計事務所」。蔵の感じがとてもいいでしょう?
ギャラリーの内部はもっと素敵なんですよ!

写真を撮っていて気づいたのですが、どうやらお休みのよう。
よく考えたら、第二日曜はお休みだったんだ……。
もしかするとお祭りのほうの手伝いに行ってるかもしれません。
こちらのご主人はNPOぎょうだ足袋蔵ネットワークで活躍され
ている方なので。




osi061112-040.jpg  で、お祭り会場に戻ります。
  街の商店がテントを張っ
  てお店を出していました。
  上記NPOがやっている
  忠次郎蔵そば店もここに
  出店していました。

テントが両側にあり道幅が狭くなっているため、ゆっくり見てまわ
る余裕がなかったのが残念。とりあえず帰りに買うものだけ目を
つけて退散しました。

その後、行田市産業文化会館の前をいったりきたり……。
甲冑隊の皆さんがこちらに集合していると、マイミクでこのブログ
にもよくコメントしてくださる石野さんに教えていただいたものの、
超~部外者なので入り難い(苦笑)




ウロウロしているうちに「12時よりジャンボフライを作ります」との
放送が……。
これは面白そうだと早速、会場へ向かいます。

フライとは……行田近辺の人ならよくご存知かと思いますが、
簡単に言えば、お好み焼きのようなものですね。って、Wikiに
フライの項目がある!!
フライ」ついでに「ゼリーフライ」もどうぞ(笑)

osi061112-041.jpg  osi061112-042.jpg

今回のジャンボフライは直径3mの鉄板で焼かれるとか。
開始前に出来上がったフライをもらえる整理券を配っていまし
たが、あっという間に配布終了。恐るべしフライの人気。

生地はご覧の通り、ゆるくてお好み焼きというよりクレープに
近いと評する人もいます。

「ポリバケツかよ荒っぺぇなぁ」(by 隣にいたおじさん)


osi061112-043.jpg osi061112-044.jpg

「あのトンボは野球部のグラウンドから持ってきたんかい?」
(by 隣にいたおじさん)

ちょっ、おじさん!(苦笑)

お肉や野菜を加えて、生地を足し、仕上げていくわけですが、
そろそろメインの時代まつりの方が気になりだしたので、ジャン
ボフライとはここでお別れ。

大きな重機でこの鉄板を吊り上げて、ひっくり返す大技をやる
とかやらないとか言っていましたが、どうなったかしら?




その七
スポンサーサイト

[2006/11/25 18:17] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/414-e5bb941f




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。