スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第5回真田幸村ロマンウォーク―その十二 

そうそう、確か大輪寺のあたりだったでしょうか。
お声をかけてくださった参加者さん。
お話ししているうちに、私が宿泊したホテルの支配人さん
だということが分かってびっくり!

「ありがとうございます。私、支配人でございます」
「はっ?えっええっー!(頭の中真っ白)」

嘘のような話ですが、事実です。
一瞬頭の中が真っ白になりました。

支配人さんが参加者の年齢が高いという感想を言ってらし
たので、若い人たちの間で真田ファンが増えつつある現状
をお話ししてみたり……

年配の方は金に物を言わせて松茸食べ放題の温泉入り
まくりの~なんてできるけれど、金の無い若いもんには
ビジネスホテルの存在は大変ありがたい。

一日目終了後にマッサージがついたり、限定グッズがもら
えるロマンウォーク限定パックとかあったら、飛びつきそう
なんですけどね……いや、私が。



061022-011.jpg
  つらつら歩いて玄蕃山公園。
  といっても、ここは入り口。  
  休憩所までは急な坂道を登
  らねばなりません。




061022-012.jpg
  四阿とお墓、立て看板が
  現れ、やっと着いたと思っ
  たら、どうも様子がおか
  しい。


今回は各休憩所にお茶とリンゴが用意されているはずなのに
それらしきものが見当たりません。

もう片付けられてしまったのか……とがっかりして先へ進もう
としました。すると、前方の坂道を降りてくる人がチラホラ。

「休憩所はこの上だよ~!」

教えてもらわなかっら、そのまま先に進んでしまう所でした。
私の後から来た人もここで戸惑っていたので、同じように声を
かけました。この場所に一人スタッフがいてくれたらよかった
なぁと思います。

玄蕃山(げんばやま)
 上田城主仙石家の重臣荒木玄蕃夫妻の墓のあっ
たことによる。墓碑は「荒木鴻臚(こうろ)公之墓」
「荒木鴻臚婦人古田氏之墓」と刻まれている。
(玄蕃と鴻臚は同義)
 玄蕃は仙石政俊の重臣として仕え、寛文4年67歳
で没した。婦人古田氏は仙石秀久の孫に当たる。
                  (案内板より抜粋)

唐沢玄蕃の玄蕃かと思っていたら、違いました。

玄蕃とは律令制で鴻臚館(今で言う迎賓館のようなもの)を
管理する役職のことだそうです。




061022-013.jpg
  玄蕃山山頂からの眺め。
  これを見ながら、用意され
  たリンゴをいただきます。
  果汁たっぷりでおいしい!


品種は「しなのスイート」今、一押しのリンゴだそうです。
あまりにおいしかったので、帰ってからスーパーや八百屋
さんで探してみましたが、見当たらず。
どうやら出荷期間が短いためにあまり出回らないようです。
10月中旬から下旬、長野に行ったらぜひ食べてみてください。

休憩中に「上田観光ボランティアガイドの会」の方が玄蕃山に
ついて説明してくださいました。
こうしてガイドしてくれる人がいるのもいいですね。
看板とか疲れていると字を読むのが億劫で、写真に撮って終
わりだったりすることが多くなってしまって……。


案内が終わった後にガイドの会について少々聞いてみました。

正式な会としての発足は数年前ですが、上田ではそれ以前
から活動していたとのこと。
一人からでもガイドしてくれて、当日いきなり依頼してもOK
だそうです。
(でも、一応前もって問い合わせ、予約しておくことをお勧め
します)
私もいつかガイドの勉強がてら上田の街を案内してもらおうと
思っています。




その十三
スポンサーサイト

[2006/11/19 00:35] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/404-87225aa3




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。