スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

仁義を切る 

「ヤクザじゃねぇんけどさぁ。
ちょっと仁義切ってくるねぇ」

お世話になった方の訃報を受けて、黒を羽織りながらの
家人の弁。



じんぎ 1 【仁義】

(1)儒教で、実践道徳として最も尊ぶ仁と義。
(2)人間が守るべき道徳。
(3)他人に対して礼儀上なすべきつとめ。義理。
(4)〔「辞儀」の転か〕博徒・香具師(やし)
などの間で行われる初対面の挨拶(あいさつ)。
(5)博徒仲間などの社会に特有の道徳。
「渡世の―」
――を切・る
仁義(4)を行う。      (goo辞書より)


「ばぁちゃんが死んだ時に飛んできてくれたから、こっちも
行くん」と言っていたので、私の住む地域では(3)の意味で
使われているようです。
もとは(1)(2)(3)だったものが講談や映画で(4)(5)に特化さ
れたのでしょうか。

他所から来た人が聞いたら驚くでしょうね。

曽祖父の頃は商売柄香具師の親分さんなどと付き合いが
あったそうですが、今は全くありません。

昔は香具師さん侠客さん博徒さんは厳密には分かれていて、
縄張りもしっかりしていたようですが、今は一括状態ですね。
スポンサーサイト

[2006/01/29 10:40] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/4-50944a82




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。