スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

義レンジャイ結成の地は? 

忍城の攻防を題材とした小説をいくつか読んでいる中、
幸村が登場してくるものがありました。

なかなか忍城を落とせない三成にさまざまな援軍がやって
きます。その中に鉢形、八王子を落とした真田昌幸の隊も
いて、幸村もそれについてきているのです。

ネットでも忍城の攻防に幸村がいたと書いているところが
いくつかあるので、情報ソースはどこなのだろうと気になっ
ていたのですが……これでいいのかな?


「成田記」
小沼十五郎保道/著 大沢俊吉/訳  (歴史図書社)

武蔵野国の北部に栄えた成田氏の歴史を書いた書物。
本書は成田氏の菩提寺である龍淵寺(りゅうえんじ)が
所蔵しているものを読みやすく訳したもの。
付録に「忍城戦記」「成田分限帳」など収録。



運良く近くの図書館にあったので、閲覧しに行ってきました。
貸し出しはしていないので、チラッと読んでみて面白かったら
古書店での購入を検討しようかと。

時間が無かったので、ものすごい斜め読みでしたが、出た出た。
「真田昌幸が息子の幸村を連れて」きたという記述がありました。
そして「信幸は八王子城に残し」ともありました。

急いでいたため、この原書が書かれた年とか史料的にどうなの
かというのを確認してこなかったのですが、物語風な書き方だっ
たのでネタ的要素も多いと思います。

じっくり読んでみたいので、購入決定。
「忍城戦記」と「分限帳」が収録されているのもありがたい。
お金が無いので、いつ買うかわかりませんが……。
(売り切れちゃうよ!)


ああ、それと上杉軍はこの本では来ていなかったようです。
(本当に斜め読みなので、いるかもしれない)
兼続がいてくれたら、戦国無双2の「義の誓い」ムービーの
舞台は忍であるという妄想の強力な裏付けとなったのに(笑)

スポンサーサイト

[2006/10/28 16:50] ガイド・郷土史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/378-cd84289f




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。