スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第5回真田幸村ロマンウォーク―その四 

061021-019.jpg

  道を右に曲がると、もうすぐ
  真田氏本城跡です。



が、ここからがまた大変。
緩やかな上り坂をずっと歩いてきたところで、急坂が現れます。
腿が……ふくらはぎが……足の裏が……あいたたた。




061021-020.jpg  061021-021.jpg

坂の途中のお家に一抱えもある大きな蜂の巣が二つ。
「すごーい!」と写真に収めたのですが、この日の私の服装、
黒が多くて……スズメバチって黒を目標に攻撃してくるんで
すよね。偵察の蜂が3匹ほどフワフワ飛んでいたので、刺激
しないように立ち去りました。
こ、怖かった。

右の写真はその蜂のお家から少し行ったところで撮ったもの
です。
上田の街が遠くに霞んでいます。




061021-022.jpg  061021-023.jpg

そして、やっと真田氏本城跡へ到着。

真田氏本城跡
 真田山城、松尾城(松尾古城とは違う)とも呼ばれ、
真田昌幸が本城とした山城である。本郭は東西9m、
南北に37m、二の郭、三の郭が北に長く張り出してい
て、北側も西側も断崖である。上州道や砥石城、舘、
上田への眺望が利き、山城としては格好の場所。
(ウォーキングマップより)


守る側はまだしも、攻める方はこれはきつい。
「上田築城前のものですよ」と教えていただきましたが、
上田城より攻めにくそうだなぁと素人考えでは思いました。
一生懸命登ってきたところへ、石だの矢だのが降ってきた
らたまらんでしょう。私だったら、回れ右して帰ります。

でも、本当に眺めは最高。
ここで先ほどの胡桃のおはぎをいただきました。
炊きたてのもち米に甘しょっぱい胡桃の餡がついていて
とてもおいしい!疲れも吹っ飛ぶ感じです。

これから向かう「信綱寺」は上の写真の右端の山中に
あります。果たして、無事行き着くことができるのか?!




061021-024.jpg  061021-025.jpg

本城から下る林道。
受付で熊よけの鈴をいただいたときは「どうして?」と思った
のですが、これはさすがに必要ですね。

道は前もって整備してくださっていたようで、歩けないような
ところはありませんでしたが、湧き水が流れているところで、
滑った跡が……。
どなたか足をとられたようです。

ウォーキングに対応したスニーカーを履いていったのですが、
トレッキングもできるウォーキングシューズ(あるのか?)を
用意すればよかったかもと歩きながら思いました。




その五
スポンサーサイト

[2006/11/07 15:49] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/376-3f6e714a




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。