スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第5回真田幸村ロマンウォーク―その三 

あーっ!

061021-012.jpg  061021-013.jpg

ここにあったんですね。
ちゃんと調べてこなかったので、わからなかった。
勝手にもっと山の方にあるとばかり思っていて、かわちゃん.さん
がいなかったら気づかずに素通りしているところでした。


左から、幸村公、幸隆公、昌幸公と並んでいます。

よく見たら、ウォーキングマップにもちゃんと解説が入って
いました。


真田氏記念公園
 国道144号線沿いの公園。「真田氏発祥の郷」の碑と
真田幸隆、昌幸、幸村のレリーフがはめ込まれた大きな
自然石が立ち並んでいる。幸隆は真田の郷に真田氏の
基礎を築いた、昌幸はその武勇と知略によって戦国大名
の地位を築き、幸村はその華々しい活躍で「真田日本一
の強者(つわもの)」の名をほしままにした。しかし、
真田家の存続の為に尽力した信之のレリーフはない。
(ウォーキングマップの解説より)




しかし、真田家の存続の為に尽力した
信之のレリーフはない。


突っ込む前に、言われてしまった……。
レリーフまでとは言わずとも、前の石版の解説にもう少し
信之公のことが書かれていたらいいのになぁと思います。



061021-014.jpg  061021-015.jpg

ここまでずっとだらだらと坂道が続いています。
振り返ると下の方に上田の街が……こんなに上ってきたんだ。



061021-016.jpg  061021-017.jpg

御屋敷公園に到着です。
ここで、小休止。
コースの途中にはいくつか休憩所が設定されており、スタッフ
の皆さんがお茶を用意していてくれます。

写真は御屋敷公園の案内図と公園内のお店。
六文銭の暖簾の隣に大阪のポスターが。
他の場所にも同じポスターがチラホラ貼ってありました。
行きたいけれど、さすがに大阪は遠いですね。


真田氏居館跡
 地元では御屋敷(おやしき)跡と呼ばれ、中世の居館跡
としてほぼ完全な形で残されている。永禄年間(※)築造
と推定されており、幸隆、信綱、昌幸の居館であったと考
えられ、上田築城までの真田氏の居館跡。
              (ウォーキング・マップの解説より)
                (※)永禄年間:1558~1569年



「いいもの持って行くからちょっと待ってて」と
かわちゃん.さん。なんと、ここのお店で胡桃おはぎを
買ってくださっていました。




その四
スポンサーサイト

[2006/11/07 15:50] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/374-001872e0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。