スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

松代藩真田十万石まつり―その十二 

matusiro061008-050.jpg  matusiro061008-051.jpg

続きましては、徳川の時代。森忠政(左)と松平忠輝(右)
城の名前が海津城から待城へと変わったのが忠政の時代。
さらに忠輝は松平の「松」の字をとってこの地を「松城」と
したそうです。



matusiro061008-052.jpg  matusiro061008-053.jpg

ここから、江戸~大正までの松代のお殿様と真田家に
関係する方々の行列です。

「槍振り隊」の奴さん。
髭をつけて隈取りをして、本当の大名行列のよう。
毛槍をぽんっと放り投げて、隣の奴さんに渡すのがこれまた
凄い。タイミングを計りかねて、写真に収められなかったのが
残念です。



matusiro061008-054.jpg
  大毛槍。
  雪山のイエティみたい。
  モフモフしたい(笑)






matusiro061008-055.jpg  matusiro061008-056.jpg

そして……真田信之(左)と小松姫(右)登場!
信之は真田幸村の兄上。小松姫は信之の奥方です。
小松姫役はアテネ五輪の女子柔道で金メダルを取った
上野雅恵さんです。




その十三
スポンサーサイト

[2006/10/15 00:06] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/359-a6e1c60b




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。