スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

光恩寺 

赤岩山光恩寺(リンク先:千代田町サイト内)
 群馬県邑楽郡(おうらぐん)千代田町赤岩1041

真言宗の古刹
寺伝では雄略天皇の時代の開山、
または推古朝の開山という

本尊は不動明王で秘仏
ただし、正月及び春秋のご開帳祭典時に拝観可能


見所
本堂の天井画
 胎蔵竜王、金剛竜王の二龍が参拝者を守護する
 口を大きく開けた胎蔵竜王、反対にきつく引き結んだ
 金剛竜王はそれぞれ「阿・吽」を表している
 吉田左源二画伯によるもの

阿弥陀三尊
 県指定重要文化財
 中尊は阿弥陀如来像(240cm)、
 脇侍には観音・勢至立像(ともに159cm)
 木造

地蔵菩薩板碑
 県指定重要文化財
 日本最古の地蔵板碑の一つ
 文永8年(1271)建立

長屋門
 登録有形文化財
 荻野吟子女史生家の長屋門
 明治の頃移築

参考:光恩寺パンフレット



06-03-01-00.jpg   06-03-01-03.jpg
本堂正面の彫刻(獅子) 長屋門修復時の壁塗り工程

06-03-01-01.jpg   06-03-01-02.jpg
長屋門裏側 向かって左  向かって右



本堂、長屋門、阿弥陀堂でご住職のお話を拝聴。
天井画の描かれた経緯やお寺の由来等、丁寧に
お話ししてくださいました。

寺紋が立葵で、世良田の徳川と関係あるのか
それとも本尊とは別に安置されている阿弥陀三尊から
善光寺とのつながりなのか個人的に気になったので、
次に行くときに質問してみようと思います。


しだれ桜が何本も植えられて、こじんまりとした
感じながらもとても品格のあるよいお寺です。

秋に行ったときに大きな銀杏の木が黄色に染まり
大変すばらしかったのですが、春、桜の花が
咲いた頃に訪れてみるとまた良いかもしれません。
スポンサーサイト

[2006/03/01 23:04] ガイド・郷土史 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/31-1dcf2752




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。