スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

葛和田のあばれみこし(大杉神社祭礼行事)―その六 

ohsugisama06-027.jpg
  船上のお囃子。
  終盤にさしかかると、再び
  お囃子が始まります。
  笛の音はいつどこで聞いて
  もいいですね。

あれ?ひょっとこが翁になっちゃった。

渡し船から写真を撮れたら良い画が撮れるのでしょうが、
一般の人は乗れないからなぁ。
ポスターの写真などはこの船から撮影します。

今年は読売新聞の地方版に大きく出たようです。
ネットでも見れるようです。(たぶんすぐ流れちゃうけど)
もうちょっとで私も新聞に載るところでした(笑)



ohsugisama06-028.jpg  ohsugisama06-029.jpg

クライマックス。
今度はちゃんと順番に登っていって、お神輿の上でゆさゆさ
揺れます。それにあわせて下の人たちが水をかけます。

年寄り連が「終わり終わりー!!」と叫んでも、なかなか
終わらず、結局三回ほどピラミッドを作って、ゆさゆさして
いました。



ohsugisama06-030.jpg

お神輿を川から引き上げます。
この後もまた町内を回るそうですが、水に浸かって体力を
消耗しているはずなので大丈夫なのかなぁと心配です。

私は渋滞を避けるため、お神輿が完全に岸へ上がる前に
退散。駐車場へ行くと、入りきれない車がグライダーの
滑空場に駐車していて、お巡りさんが困っていました。

熊谷駅方面から来られる方はバスをご利用になった方が
いいかもしれません。

あと、本当に日影がないので、暑さ対策は必要です。
日焼け止めをしっかり塗ったつもりでしたが、それでも
焼けてしまいました。夏の日差しはきついですね。



来年は出来島のあばれ神輿に行ってみようかな。

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/263-070cd47e




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。