スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

葛和田のあばれみこし(大杉神社祭礼行事)―その一 

2006年7月30日
埼玉県熊谷市葛和田


葛和田のあばれ神輿を見てきました。
これは利根川の水運の守り神様である、
大杉様のお祭りです。

※大杉様とその祭礼行事の由来については
 こちら へ(大した事は書いてありませんが)



ohsugisama06-000.jpg  ohsugisama06-001.jpg

関東地方もようやく梅雨明けしたこの日。
青い空をグライダーが気持ちよさそうに利根川の上空を飛び、
その下でお祭りが行われました。



ohsugisama06-002.jpg  ohsugisama06-003.jpg

土手の上には「あばれ神輿」ののぼり。
ここを越えてお神輿が川岸へとやってきます。

トラックで……(笑)

朝の6時から町内(しかも広い)を担いで回っているので、
この急坂を担いだまま登るのは流石に無理でしょうけれど。

早めに到着したものの、河川敷に作られたサッカー場で
小学生の試合が行われていて、広めの駐車場がすでに
8割方埋まっていました。



ohsugisama06-004.jpg  ohsugisama06-005.jpg

葛和田の渡し……と埼玉県側の人間はいいますが、
正しくは「赤岩の渡し」です。
群馬県千代田町赤岩と埼玉県熊谷市葛和田を結ぶ県道です。
船頭さんはれっきとした公務員さんだとのこと。
群馬県が運営し、船には「千代田丸」と名がついています。

それも今日だけはお祭りの専用船になります。




その二へ続く

ブログTOPへ戻る
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/258-cb0d3baf




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。