スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熊谷うちわ祭り'06―その八 

筑波の山車が国道17号から、裏路地へ入っていくのを確認し
追っかけるために私も移動。

お囃子の音を頼りに行ってみると……
銀座の山車がありました。

utiwa060722-033.jpg  utiwa060722-030.jpg

笛の人も山車の上で演奏しているのが普通だと思ったのですが、
銀座は下で吹いています。4、5人いたでしょうか。
笛の音が大きく聞こえるのも粋でいいですね。

で、どこかで聞いたメロディだと思ったら、「直実節」ではない
ですか!銀座の人形は「直実公」……なるほど、ますます粋だ。

そのままついていくと、細い交差点でいつのまにか筑波の山車と
の叩き合いが始まってしまいました。



utiwa060722-032.jpg  utiwa060722-031.jpg

このように辻辻で向かいあい、叩き合いをしながら
町内を回っていきます。

右の写真を見ていただけると分かるのですが、
屋根の上の人、電線を担いでいます。
電線に引っかからないようにしながら山車を前に
進めるのは結構難しいと思います。
上の人と下で先導する人の息が合わないと大変。
難所では観客から拍手が沸き起ることもあります。



utiwa060722-035.jpg  utiwa060722-034.jpg

御会所前での叩き合い。
狭い道に人が溢れて大変でした。

ここで、全身タイツ(?)に「マイミク募集中」と書いた
不思議な人を発見。物凄く気になって話しかけようと思っ
たのですが、他の人との記念撮影が始まってしまったので
断念。何者だったんでしょうか。


右の写真の裃は、総代連。
それぞれの家紋と名字が入った提灯をぶら下げています。

九曜紋(お名前分からず)と大谷のお名前(こちらは
家紋分からず)の提灯が並んで、一瞬関ヶ原が頭を
よぎったのですが、写真撮れなかった……。

しかし、裃はいいなぁ。
幼い頃から時代劇を見ていたせいで、裃というとどうしても
御奉行さまのイメージがありますねぇ。



その九へ続く
お祭り目次へ戻る
ブログTOPへ戻る
スポンサーサイト

[2006/07/25 00:20] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/246-7a60816b




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。