スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

修復工事現場での学習会 

今日は「聖天堂」修復工事現場で建物の各部材や
彫刻の名称についての学習会が行われました。

随分勉強したつもりでいたけれど、現場に立って
みるとまだまだ知らないことも多く、新しい発見
もありました。

柱を取り巻く部材のところで
「今の構造計算に当てはめると、これだと建築許可
が降りないんですよー。コンピュータに入れると、
地震がくると建物が5mも移動しちゃう計算になるん
です。でも、実際地震が来てもなんともないでしょ。
不思議ですよねぇ(苦笑)」なんてお話も……。

お国が認めた構造計算があやふやであるとも言えるし、
構造計算に当てはまらなくともちゃんと木造で建てて
しまう江戸時代の技術が凄いとも言えるし……。
何を信じていいのやら、分からなくなっちゃいました
(苦笑)




明日は雨が降らなかったら、「うちわ祭」に行って
きます。屋台の彫刻を見たいけれど、たぶん雨よけの
ビニールがかかっていて無理だろうなぁ。











ちょっ!!!
すいません、題名とは関係ない事なんですが追記です。








「時代屋」の女将さんが8月25日で引退との事。
「時代屋」の方向性が女将さんと会社で相違したのが
大きな理由だそうで……

方向性について会社側は『時代・歴史にこだわらない』
という考えだそうですが、それって「時代屋」の
存在意義が……
神田神保町での経営戦略としてもいかがなものかと
思います。

女将さん側の言い分しか見られない状況で、会社について
批判するのはいけないことかもしれませんが、それでも、
どうしても言いたくて書きました。

mixiでこっそり覗かせていただいていて、いつか行こうと
思っていたのに、残念です。

8月は忙しくて東京に出られないんだー(泣)
9月に合羽橋へ仕入れへ行く時に行く予定だったのに……


スポンサーサイト

[2006/07/21 17:41] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/237-915a8d9d




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。