スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天然氷蔵元・阿左美―その2 

tennen060713-003.jpg  tennen060713-004.jpg

今回は「さくらあずき」と「こだわり氷糖みつ」を頼んでみました。
さくらあずきは桜餅に近い感じの味。
氷糖みつは氷砂糖を煮詰めて作った蜜だそうで、普通の透明
シロップと異なり、ほんのり黄みがかった色をしています。

面白いなぁと思ったのが、入れ物がお椀でスプーンもお椀と
同じ材質だということ。氷というとガラスコップというイメージ
があったのですが、お椀に入っていると冷たさがやんわりと
おさえられ、かつ保冷機能も働いて溶けにくいという利点が
あるようです。

また、別に練乳がついてくるというのも初めての体験。
ミルクがつくとその分お値段上乗せというお店が多い中、
ここは全ての氷に練乳が添えられてきます。

そしてその練乳も市販のドロっとしたものとは違い、
サラサラと流れるあっさりしたミルクでした。
もしかするとオリジナルブレンドかもしれません。


この二つを食べた後、もう一つ「こだわり黒糖みつ」も
食べたのですが、うっかり写真を撮るのを忘れました。
味は思っていたよりもあっさりしていましたが、黒砂糖
特有の苦味があるので、練乳をかけた方が食べやすい
かもしれません。



ちょっと残念だったのが、蜜が満遍なくかかっているために、
天然氷の素の味を味わえなかったこと。
また、普通のイチゴシロップで食べたらどんな味なんだろう
という疑問も湧きました。

こちらは蔵元で他のお店にも天然氷を卸しているそうなので
次回は違うお店で食べてみようと思います。



tennen060713-005.jpg  tennen060713-006.jpg



店内(と言っていいのかな?)は、普通のお宅の庭先と
いった感じで、大変落ち着いたいい雰囲気でした。
ちょっと手狭な感じで夏休みは窮屈になるかもしれません。

座席は25~30席くらい。
駐車場も8~10台程度なので、車で行く場合は気をつけた方が
いいと思います。開店直後の10時ちょっと過ぎに行った時に
すでに二組のお客さんがおり、食べ終えてお店を出る11時には
駐車場は満車、席もいっぱいの状態になっていました。
夏休み前の平日でこんな感じですので、お休みの日は大変かも
しれません。


スポンサーサイト

[2006/07/16 14:47] お店・食べ物―その2 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/231-bce61b28




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。