スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

講演会 

今日は根岸友山の御子孫の講演会を拝聴してきました。
(ここのところ家の事全般がほったらかし……)


根岸友山(ねぎしゆうざん)は幕末の人物です。
大里の冑山(かぶとやま)、今の埼玉県熊谷市の豪農の
家に生まれ、江戸の千葉道場で北辰一刀流を学び、
学問にも精通した人物です。

一昨年の大河ドラマ「新選組!」で、近藤たちが浪士組
として京へ登る際「一番隊」の長を誰がやるかで芹沢鴨
ともめた人物……または、同じく浪士組の本庄宿での
宿割りで、沖田に「あ、おじいちゃんはこっちの部屋ね」
(台詞はあやふやです)と言われていたご老人、
といえばわかる人もいるかもしれません。

私も実は大河の本編の後に流される「紀行」で
あのおじいちゃんが地元の人だった事を知ったくらいで、
今でも実はまだ詳しいことはよく知らなかったり……。

しかし、今回「根岸友山・武香(たけか)顕彰会」
から「根岸友山・武香の軌跡」という本が出版され、
これを期に少し勉強してみようかなと思っています。


やっと最近「熊谷次郎直実 法力房蓮生法師の研究」
(長い……)をペラペラ見始めたところで、果たして
いつたどり着くかはわかりませんが。

そう、それで初めて知ったことなのですが、
(というか平安後期~室町について全くわからない
ので全てにおいて初めてなわけですが)
敦盛を討った後、直実が出家した場所がなんと京都
黒谷の金戒光明寺だそうで、黒谷といったら幕末に
会津藩が本陣を置いたお寺として有名なんですね。
こんなところで幕末につながるとは思いもおよばず、
驚きました。

まだ黒谷は行っていないので、数年後の京都旅行の
楽しみが増えました。
スポンサーサイト

[2006/06/04 22:36] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/182-7a5f4b75




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。