スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大河―今週のお舘さま― 


※舘信長様中心に見ている大河感想です。
  冗談ばかりのおふざけ感想なので、
  真に受けないようにお願いします。




冒頭の「そっ首刎ねてくれる」から始まり、
次回予告の「ひざまずけ」で終了。
本編も織田家満載で今回は大満足。

鷹を愛でるお姿。
蘭丸を呼ぶ声。
秀吉に中国攻めを命ずる所作。

どれもたまらん。
45分が短く感じました。


ただ、松永弾正の爆死が……。
先週の予告で分かってはいたけれど、
平蜘蛛の釜に火薬を詰めて火をつけるところも
あわただしくって、正直もう少し演出欲しかった。
役者さんが良かっただけにもったいない。
くぐもっているのに聞き取りやすい不思議な声の
役者さんだったな。


あとは松永弾正を評する秀吉の
「(松永弾正は)お館さまのような極悪人」に笑った。
それを聞いてニヤリとするお舘様もまたダンディ。
あぁ、やっぱりお舘様をめぐる織田家はいいなぁ。


濃姫と光秀もなにやら怪しいことになっているし、
それをさらにお市が目撃。

今日は蘭丸も台詞があって、「お蘭」とか呼ばれてて……
ちょっと蘭丸に嫉妬。



来週はいよいよ「天魔信長」
いくらでもひざまずいちゃう。

って、お舘様ばかり注目していたら、
半兵衛が……。
スポンサーサイト

[2006/05/07 21:17] 時代劇 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/147-d9c4d9e1




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。