スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上田真田まつり'06―その七 

1.真田軍戦国行列大絵巻―その一
uedasanada0640.jpg  uedasanada0641.jpg
上田真田武者行列の旗を先頭に櫓門から行列が登場。
行列奉行、目付、重臣の後にまず出ていらっしゃったのは
真田幸隆公。



2.武者行列―その二
uedasanada0642.jpg  uedasanada0643.jpg
続いて、信綱k……幸隆に気を取られ、シャッターチャンスを
逃しました。ということで、こちらは昌幸公と昌輝公。



3.武者行列―その三
uedasanada0644.jpg  uedasanada0645.jpg
信尹公と信之公。
信之役は松代商工会議所のかたでした。



4.武者行列―その四
uedasanada0646.jpg  uedasanada0647.jpg
続いて、幸村公。
なんとこの方、幸村の次男大八のご子孫だそうです。
終始、にこやかに微笑まれていました。
ご子孫がこのように積極的に参加してくださると
お祭も盛り上がっていいですね。


その八へ続く






鉄砲隊撤収後、橋上の隅に観客が移動できるようになり、
物凄い勢いで皆さんが移動。
私も押されるように橋のふちへ追いやられました。

が、これがまたなかなか撮影にいい場所。
そして隣に再びNHKの記者さんが(笑)
先ほど足を踏んでしまった事を詫びると、
「別に痛くなかったし、大丈夫ですよ~」と
言ってもらえて、ほっと一安心。



武者たちが一度門内に入り、扉が閉じられます。
しばらくたっても出てこない。
どうしたことかと待っていると、司会が
「お馬さんの機嫌がよろしくないようです」
「どうやら飼葉を食べているようです。
馬も腹が減っては戦はできない!」と説明。

馬も大変だぁ。



ようやくご機嫌もなおり、開門。
上記のごとく行列が始まったわけですが、
お馬さん、実はまだご機嫌斜めだったらしく……
スポンサーサイト

[2006/04/30 18:25] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/133-67dcb763




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。