スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上田真田まつり'06―その四 

1.鉄砲隊勢揃い
uedasanada0622.jpg  uedasanada0623.jpg
房山獅子舞が行われている間、櫓門前に鉄砲隊が整列。
ちょっとした撮影会となっていました。
私も便乗して撮影。上田城に翻る六連銭。
壮観の一言。



2.信州真田鉄砲隊出陣合図
uedasanada0624.jpg  uedasanada0625.jpg
出陣のろしが上がり、騎馬隊による戦況報告が行われた後、
鉄砲隊が橋上の舞台へと登ります。



3.出陣合図―その二
uedasanada0626.jpg  uedasanada0627.jpg
火蓋を切り                  構え



4.出陣合図―その三
uedasanada0628.jpg  uedasanada0629.jpg
放てぇっ!(「撃てぇっ!」だったかも)
縮小したらそれほどでもなくなりましたが、
轟音に思いっきりブレました。

耳……というより頭に直接響いて、
その後ずっと頭が痛かった。


その五へ続く






出陣のろし&戦況報告
太郎山・虚空蔵山縦走路の「高津屋城」「虚空蔵山兔峰」
「秋和峰展望台」「太郎山神社付近」「砥石城」から
真田軍出陣ののろしが上がり、騎馬隊から徳川軍の
戦況報告あり。大将が出陣のときを上げ、櫓門から大勢の
屈強な真田軍が出陣する。
                ― のろしリレーの案内より

この狼煙がなかなか上がらなくて、
「みなさん狼煙が見えましたか?
大人の心でみれば見えるはずです!」との
司会の言にそこここから笑いが。

こうしてやってみると、狼煙が戦国時代にどの程度
使われていたのか疑問が湧いてきます。
時間がかかるわ、風に流され見えないわ……。

秩父吉田の龍勢のようにロケット型にすれば
お祭的には盛り上がるかもしれません。
ただ、実際の狼煙とはちがっちゃうからなぁ。
史実とお祭との兼ね合いの難しさを垣間見た気分。
スポンサーサイト

[2006/04/30 18:28] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/130-1f51a2a0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。