スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上田真田まつり'06―その二 

1.上田城櫓門、真田神社
uedasanada0608.jpg  uedasanada0609.jpg
駐車場には舞台ができて、こちらはだいぶお祭りの雰囲気が
あります。まだまだ関係者のかたが多いです。

真田神社の鳥居。桜吹雪が奇麗でした。



2.真田御輿、真田神社奥社
uedasanada0610.jpg  uedasanada0611.jpg
神社の正面に置かれたお御輿。
新しい感じがしたのでいつ作られたものか聞いてみたのですが、
よく分からないとの事。

豪奢なお御輿とは反対に質素な奥社。



3.西櫓とお堀
uedasanada0612.jpg  uedasanada0613.jpg
櫓の反対側は急な崖です。
そちら側から見ると戦国時代の城郭を偲ぶことができます。

お堀の周りの桜もはらはらと散っていました。


その三へ続く






二年半ぶりの上田城。
前回来た時は大河ドラマで象山先生が暗殺された
次の日。突発的に松代へ行った帰りにそういえば
と立ち寄っただけでした。
「真田太平記」を一度読んだだけで、まだ自分の
中で真田とそれに関わる事象が定着していない頃。
「うわーお城だぁ、うわーお堀だー」
と特になんの感慨も無く見てきた記憶があります。

真田についての想いが深まってから訪れると
また違った心持でこのお城や上田の街を眺める
ことができます。

数年後、数十年後再びここを訪れる時、
私は何を思うのかな。



真田神社を含め、上田でいくつか神社の写真を
撮ってきました。時間があったらお祭とは別に
レポできればと思っています。


スポンサーサイト

[2006/04/30 18:31] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/tb.php/128-5abd5bc2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。