スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

総決算(勢いで書いてるんでそのうち恥ずかしくなったら修正or消去します) 

一年。
いや、約14年。あっという間の月日でした。

14年前、池波正太郎の『真田太平記』を読んで真田に嵌り、その後『戦国無双』に嵌り、祖父が亡くなって以降ふっつり見ることのなかった大河ドラマに好きな役者さんが出ると聞きつけ、偶然一年完走したのが『新選組!』で、なんやかやありつつずっと追い続けてきての……今年。

11月下旬に発売された『戦国無双ー真田丸ー』プレイ後は大河ドラマ終了したら真田ロスで死ぬんじゃなかろうかと思う位胃が痛くて眠れぬ日が続きましたが、終わってみたら憑き物が落ちたように晴れ晴れとしてる。

大河は世間でも賛否両論、自分の中でもこれはちょっと違うなと思うようなところもあったり、一時は好き過ぎて辛くて視聴やめようとした時もあったけど、やっぱり最後まで見てよかった。でなかったら物凄く後悔してたと思う。

突っ込みどころ満載だったけど、だからこそ次に繋がるんじゃないかなって今なら思える。完璧で非の打ち所がなかったら、きっと自分は抜け殻になっていたに違いない。

これから新しく発見される史実や発表される研究、いろいろな人が紡ぎ出す物語をもっと読みたい、見たい。そんな欲が出た。

でも、4月の上田日帰り旅のように誰かに誘われる以外は熱が治るまでしばらく真田の関連史跡巡りはしないつもり。
初めて上田城址へ行った時、若いお兄さんが静かに『真田太平記』を読んでいたのが印象的で「ああ、良い所だな」って感じた素敵な思い出があるので。あまり人が多くてせわしないのは苦手だから。

その間、別の史跡を攻めていこうと。変わってしまう前に無くなってしまう前に目に焼き付けておけるものは焼き付けておきたい。これは上田の一週間後に行った長崎旅行と熊本地震でも強く思ったこと。

忙しさにかまけて忘れかけていた情熱を思い起こさせてくれたのも『真田丸』でした。
目標もできたし、来年もなんとか乗り切っていけそう。



.

2016年ありがとうございました。
2017年もよろしくお願いします。


来年のブログ更新は直虎さん関連旅行か瀬田に旗を立てに行く旅行の記事になると思います。
普段はtwitterで毎日何かしら垂れ流しています。


それでは。













◎◎◎
◎◎◎

真田が好きだああああああああ!

◎◎◎
◎◎◎







.
スポンサーサイト

[2016/12/19 16:00] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。