スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

市史 別編 

教育委員会から電話。
取り次いだ家族から「何をやらかしたんだ」という疑いの目。
「やってない、やってないって(汗)」



「『市史 別編2』が出来たので取りに来てください」とのお知らせでした。

空いた時間に斜め読み。
それまでバラッバラに見てた資料を比較しながらまとめてくれてるんで助かる。

浅草の出開帳の記録から推測する寛文10年の火事の被害とか「へぇ」って思いながら読む。質問受けた時に今までの言い回しと少し変えないとこれは齟齬が出るなあとか。

5年も休んでる間にガイドの内容も変わってる……というか変わってないとおかしいんですよね。市史編纂によって分かった新しい事、いっぱいあるだろうし。みなさんどうしてるんだろ。たまには顔出さないと。

出開帳と同時期に歓喜天を実盛が勧請したという由緒が浅草界隈の文献に出てくるのも面白い。どちらが先に言いだしたのか、そしてこちらではそのまま今も伝えられ、江戸ではそれが消えていってしまった理由など、想像するだけで楽しい。
当時の歌舞伎の演目誰か調べてくれないかな(人任せ)


でも、今一番気になっている事はやっぱり出ていなかった。
幕末から明治期に建築された門に掲げられた扁額とその頃の御住職について。

神仏分離ではいつもの資料があった。が、それだけではどういった人物だったのかが今ひとつ見えてこない。
密教辞典引いたらあの時代にインドに渡ってる。どんだけ行動力と財力あったんだ。政治力も。

というか、南方熊楠とつながりあるのかどうかが知りたいんだけど、京都の三尾についてと熊楠往復書簡……だ、誰か…

いや、こればっかりは自力でやらにゃ。
あの熊楠とひょんなことからつながりできたら、嬉しいもの。


ずいぶん前、祇園祭のついでに紅葉の名所と鳥獣戯画があるってことくらいしか知らずに行った三尾。紅葉の名所だけあって夏は見事な緑、だが観光客ほとんど無くゆっくり拝観できたんだよなあ。
冬はどうなんだろう。

って、唐突に思い出した。
八百屋のお玉ちゃんがお祀りしたっていうとあるお堂があったけど、確か……たしか、槇尾だったよな。
もしや…むむむ。




.
スポンサーサイト

[2016/05/30 21:12] 雑記 | TB(0) | CM(0)

電子書籍 

ここ数年ろくに本を読んでいない。本棚にあるのをパラパラーっと再読……いや、つまみ読みする程度。

まともな読書時間を取れるのが入浴中のみな為、新刊や新品の本は読めず。中古買いに行く時間も気力もない。
が、スマホ買い換えて古い方をネット専用のおもちゃ代わりにしていて気づいた。
「これで読めばいいじゃないの」

早速KindleのアプリをDLして電子書籍で購入。スマホで読書とか読みにくそうで敬遠してたけど、思ってた以上に商品多くて驚き&それほど読みにくくない(スマホに慣れたってのもあるけど)。


今は『レオン氏郷』を読んでるところ。
ロルテス出てきたけど、すぐにイタリア行ってしまって……ロルテスが主人公のトンデモ小説何処かにないかな?
いや、細かい感想は全て読み終わってからにしよう。うむ。


電子書籍。スマホ防水してるから湯船でゆっくり読めて、こりゃいいや。お風呂用とそれ以外用で二冊買う必要もなくなったし、本棚の場所とらないし。置き場に困って処分しなきゃならなくなった時の取捨選択が辛かったから、それ考えると値段はあまり気にならない。
今まで敬遠してた時間がもったい無かった。

だんだんステマっぽくなってきたぞ(笑)
どこからも一銭ももらってないぞ(笑)


これからはどっちかに偏ることなく紙も電子もうまい具合に活用できるといいな。






.






[2016/05/24 21:01] 雑記 | TB(0) | CM(0)

氏郷公 

不在中のお届け物。

20160511102650750.jpeg 20160511102646c9d.jpeg

あれ?Amazonの箱じゃないって……【酒】のシールが。Amazonだとスルーなのにいつもと違うのがきたので伝票凝視する家族。「お前下戸だろ」という家族の視線が痛い。

祖父の命日にこっそり二人で飲むつもりだったのに見つかってしまった(笑)


20160511102644ff7.jpeg 20160511102813815.jpeg

\氏郷公/ (純米大吟醸)



20160511102648dbd.jpeg 20160511102645951.jpeg

上田で買った幸村バージョンのダンボーと開封の儀。
(開栓は祖父の命日までお預けです)

幸ダンボー「信尹おじうえがおせわになりました」

蒲生の殿様は今年の大河ドラマで出番はあるのか?
信尹さん絡みだと真田家被害者の会に入りそうでのう。出たとしても嬉しいような悲しいような。



20160511102814fd4.jpeg


さてこの氏郷公は……
日野・松阪・会津若松の「蒲生氏郷公顕彰会」が作ったお酒。
日野の山田錦を原料に会津で仕込んで松阪木綿で包装してあるというなんとも凝った逸品。

5月3日発売。各市町、1000本。3000本限定ということで、売り切れてないかヒヤヒヤしながらGW明けに問合せしてみたら、なんと買えました!

会津の蔵元さんで通販してるのはネットですぐにわかったのですが、どうしても日野から送ってもらいたくて、観光協会に問い合わせて『酢屋忠本店』さんを紹介してもらい、電話。

祖父から「近江商人は堺や大阪の商人より○▲☆□から気をつけろ」と聞かされていたので、ビクビクしながら電話したら予想と違って拍子抜け。
当たり前だわな。小売だもの。とっても良くしていただいて、入金後即発送、梱包も丁寧で傷一つなく届きました。


曽祖父の代(もう一つ上かな?)には日野から江戸に出てきてしまっていて、今では歴史的にも距離的にも遠い所になってしまっていますが、祖父は親たちからチラホラ聞いていたらしく、昔語りに近江商人の話をしてくれた記憶があります。
今になって思うと祖父が幕末の会津の肩を持つ理由がただの判官贔屓ではなく、日野つながりだったのではないかと……むむむ。

偶然、『真田丸』関連のネタを漁っている時にこのお酒が出るという記事を見つけて、蒲生の殿様好きだった祖父ちゃんと飲めたらなーと衝動的に動いたわけですが、いや、本当に買えてよかった。


いつか日野に行きたい。
ガイドさんもいるようなので、城址や街並みやら案内してもらいながら、江戸中期から末期の資料を見せてもらいたい。
古地図にでも先祖の痕跡がなにか残ってると面白いんだけど。
ちっちゃい店だったらしいからないだろうなあ。



味についてはまた後で。
下戸に何がわかると言われるかもしれないが、下戸だからこそわかる味もある!
(と信じてる)
幾つか蔵元さんのお酒いただいたけど、会津はハズレが無かった。
ので、これも期待……というか、書いてるうちに飲みたくなってきた。

いやー、我慢、我慢ですぞー!




.



[2016/05/11 16:24] 雑記 | TB(0) | CM(0)

感想のようなもの。 

今週も半分寝ながらの視聴で記憶が曖昧。

ばば様が日ノ本一の表裏比興という説。
出浦様、光秀化……ん?それじゃ昌幸が危ないじゃないの。ん?聞き違い?



お菓子見て「あー!また出た」
清盛の時も出てたな。
戦国時代の聖天信仰ってどんなんだったんだべ。
茶々が食う……か。お、おう。
まあ、信仰や供物云々じゃなくて高級菓子として出てきたんだろうけど。きりは干し柿だったし。きりに歓喜団渡したら柱にぶつけて割ってから中のあんこだけ食べそうだ。

献上物のやり取りとかもそうだけど、(時代に)遅れてきた真田と豊臣の違いかー、あー。


ふむふむ。歓喜団のとなりのカステラみたいなのは本願寺御用達の亀屋陸奥の松風と。京都行ったら買ってみよう。
北関東の田舎もんの自分は亀屋っつたらナボナの万年堂くらいしか知らないから、京都の菓子匠の名前がなかなか覚えられない。亀屋と鶴屋ばっかりで。
歓喜団は亀屋清永。

10年程前に書いた記事発見
お団
数年前に京都行った時は伊勢丹でも売っていて、値段はもう少し高くなっていました(消費税も上がってるし、今はもっと高いかも)
連れが値段も見ずに大量買いしかけて「帰りの交通費無くなるよ」と冷や汗かいて押しとどめた記憶が。伊勢丹とはいえデパートの名店街の出店では流石に有り難みが行方不明に。


食べ物のシーンにだけ意識がはっきりして食いつく自分。



村松っさんの記憶を戻すための黒歴史暴露大会が酷かった(笑)
あの熊の毛皮も獣臭いのではなく、ションベン臭い疑惑(それはない)

で、踵で思い出すんかい。
旦那のことも思い出してあげてください。きっとまだ探してる。


真田は徳川の与力になったわけですが、流石にあのシーンには信尹さんは不在だったか。

「どこで間違ったんだー」
と昌幸言ってたけど、所詮信濃の国衆の一つ。ないがしろにされても仕方がないわなー。
(な い が し ろ 。兄上が何べんも言ったから影響されたわけではない。多分)

今まで一部で過大評価、チート能力つけられすぎてたんだ。大名になれるかなれないか、歴史に名を残すか残せないかの瀬戸際にいる武将らの中では主人公補正がついて優遇されている方なんじゃないかな。

大名だって断じて落城せぬの北条さんはご覧の有様だし、その征伐に大遅刻なまーくんは大目玉だし。
あ、そういえば兄上が「生まれてくるの遅かった」言ってて、ニヤニヤしてしまった。



とはいえ『ジョーカー・ゲーム』見た後だと、表裏だけじゃ物足りないなあと。斜め上、四次元、異次元くらいのやり取りとか見たい。視聴者が疑心暗鬼に駆られてお茶の間凍りつく展開あってもいいよねと。家や国の存亡かかってるんだもの。そこで別方向に真っ直ぐな真田兄弟がいるって燃え(萌え)るよね。

秀次の事件が賛否両論分かれるかもしれないという噂を見たけど、どんな風になるのか期待。





.


[2016/05/09 15:47] 雑記 | TB(0) | CM(0)

とんでもないバグ 

信長の野望 創造 戦国立志伝

アップデート後のバグで騒ぎになってますが、今の所フリーズやらデータが飛ぶなどの致命的なものには遭遇していないのでなんとか遊べています。

が、

南龍公で徳川一門かき回して天下をとるプレイでもしてみんべかと始めた途端、


20160106130135370.jpeg


南龍公「黙れ、小童ー!」


あなたが物申してる相手は伯父さんですよ。たしか25~6歳差あったと思うんですが。
伯父さんに印籠出しても断じて控えませんよ。
下手なバグより萎えた(苦笑)


.

[2016/05/07 21:08] 雑記 | TB(0) | CM(0)

欲しい 

先祖が日野の出なもんで日野の米で作ったと聞いて、仏壇の前で爺ちゃん達と酌み交わしたいなあ。
限定3000か。

ゴールデンウィークあけに問い合わせて残ってるかなあ。
それ以前に県外に送ってもらえるんだろうか。


.
[2016/05/02 22:17] 雑記 | TB(0) | CM(0)

感想という名の殴り書き 

先週
「上田に帰れ」で『新選組!』の捨助を思い出す。
角兵衛と捨助と『風林火山』の平蔵を足して割らない。
そんな子になってきた。どこまで行くんだこの子は。

明里もちょっと空気読めない感じの子だったけど、数週だったからラストが効いたんだと今になって思う。
最後は山南さんそっちのけで明里に泣かされた。でも一年は……(苦笑)


せいしょこさんを脳筋にするのはやめてください。


小一郎が真っ当すぎてこの先を思うとつらい。


豊臣勢が徳川と別の方向にへっぽこかつブラックで良い。
お茶々さまが江姫でもお江与の方でもなく、シエちゃんのお姉ちゃん感が凄い。
「泣かない」に全背景つめ混んできてズルい。


片桐さま、あのまま最後まであんな感じかと思うと見てるこっちが胃が痛い。阿茶さま胃薬ください。





今週
兄上いっぱいいっぱい。
何でもこなしてしまう超人真田信之のイメージが強かったので、これはこれで面白い。
しかし気を抜くと『水曜どうでしょう』の字幕がチラつく。


信繁、信尹ちゃんのようにならなくてももう少しおじうえを見習った方が…。


全体通して面白かったけど、ふと我に返り「はてこれは大河か?」
上り詰めた秀吉やその後をとる家康が腹黒だったり、小心だったり、人間味溢れ過ぎってくらい溢れてるのはほんと面白い。


姉上が阿国さんの所にいたのには『叛旗兵』が脳裏をよぎりニヤける。


三馬鹿がまんま無双の三馬鹿と被ってて、三成に食ってかかるキヨマサとマサノリのやり取りだけ無双のシナリオライターが書いたんじゃないかと疑う。
関ヶ原や秀頼と家康の会見あたりでブーメラン食らって苦悩する姿が見られれば良いけど、あのままソリが合わない嫌いだけで反三成な行動するようだったら悲しいなあ。


せいしょこさんを脳筋にするのはやめてください(二回目)


.






[2016/05/02 22:07] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。