スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

忘れてはいけないこと 

忙しくなるとわかっていて、旅行を強行した自分が悪いのですが。
飛行機で耳がふさがって激痛。からの喉の炎症と睡眠不足に疲労で体調不良2週間。
こんな長期に渡ってグダグダしたのは初めてで参りました。



でも、どうしても行きたかった。
この機会を逃したらいつ行けるかわからない。

P1060622.jpg P1060687.jpg

存在を知った頃よりもだいぶ痛みが激しくなっていた軍艦島。




帰路突然入った熊本、大分の地震。その後に知る被害の数々。



P1050005.jpg P1050034.jpg

【2011年2月の熊本城】


「一日じゃ見きれない。次は二泊三日丸々熊本城に費やしたいね」
と話していたのに。一緒に行った連れは被害の様子をテレビで見て絶句。

慌てて旅行の時に撮った写真と被害箇所を照らし合わせようと探すも、見つからない。
新しいPCにして、データは全部移行していたつもりが、日付を見て……

一か月後に東日本大震災だったんだ。

PC内。震災前後の記録がすべてストップしたままでした。
何とかデータを引き上げてHDDに移すことができましたが。東北と比べればうちのほうは大きな被害はなかったのですが、一か月くらいは余震もあったし、何やかやとバタバタしていて落ち着かない日々だったなぁと。

東日本大震災でもたくさんの文化財が失われました。

無くなってしまってから騒いでもどうにもならない。
チャンスがあれば迷わず行こう、この目に焼き付けてこよう。



しかし、記憶というものは時がたつとだんだん薄れていくもので。
写真とあわせて熊本でガイドさんから聞いた話をメモした手帳を繰り。



ああ。大天守と大銀杏の伝説を話してくれたお姉さんは無事だったろうか。飯田丸五階櫓で梟の事を教えてくれたガイドさんやそこから「これから休憩だから途中まで案内していくよ」と親切に個人ガイドしてくださった方はどうしてるだろう。
一気に思い出したあれこれ。


忘れちゃいけない。



もちろん東北のことも。

熊谷の人達がおとといから昨日にかけて気仙沼へ桜を植えに行きました。
気仙沼は直実の子孫の流れをくむ熊谷姓が多く、そのご縁からいろいろな交流、支援が行われています。

先日上田へご一緒した方の中には、長崎、気仙沼と立て続けに飛び回るタフな人も。
私の両親よりずっと先輩なんですが……。見習わなければ。


私もなにかできることを。
してあげるのではなく、寛保の水害で助けてもらったお礼を返すつもりで、災害に見舞われた所のお手伝いができればと考えています。本当に微微たるものですが。





被害に遭われた方々の早期の復旧、復興と心の安寧をお祈りします。




.


スポンサーサイト

[2016/04/26 20:53] 雑記 | TB(0) | CM(0)

また地震 

先日、端島(軍艦島)へ上陸してきました。


のですが……
羽田で飛行機を降りたら、熊本の地震のニュース。
つい数時間前までいた九州が大変なことになっていて、昨夜は驚きのあまりガイドさんや運転手さんはじめ旅行中お世話になった方がたに被害が及んでいないことを祈るしかできず……。



熊本も5年前、復元された本丸御殿を見に訪れています。
あの天守と石垣が崩れるなんて。
ガイドしてくださったボランティアさんはどうしてるだろう。

たしか利根川流域ではなかったけれど、熊本藩も寛保二年の水害の御手伝普請を命じられていたはず。
こういうときこそ少しでもお返しできればいいのだけれど。



天守の老朽化、耐震の問題が各地で議論されていますが(名古屋城は木造復元が決まったそうで)、今回の熊本城の姿を目の当たりにすると早急に話を詰めていかなければいけない事案なのではないかと思います。
人命や生活に関わるものの整備が最優先なのは言わずもがなですが。






熊本の方々の早期の復旧、復興をお祈りいたします。




.







[2016/04/15 22:22] 雑記 | TB(0) | CM(0)

大河ドラマ館と雨の上田城 

20160407173722f1a.jpeg
というわけで行ってまいりました。
桜、満開でした。

詳しくはまた後で。


20160407173650b09.jpeg








4月9日 追記


2016年4月7日(水)

ブログを見返したら奇しくも6年前、最後に訪れたのと同じ日
今回はいつもの史跡巡りのメンバーに誘われて。

まず、このメンバーで上田まで行くなら絶対に立ち寄りたいと思っていた長谷寺へ。

皆さん同じ思いでいたらしく「方丈様に連絡してお線香もちゃんと持ってきたよ!」って……。
当日まで行くことを知らずにいた(といっても正式に決まったのが前日のことだったらしいのですが)ので、聞いた瞬間涙ぐんでしまいました。
本来なら一緒に史跡巡りの旅をしていたはずの方のお墓がそこにあります。個人的にも大変お世話になった方です。



20160407-01.jpg 20160407-02.jpg

上田の街より高い所にあるので枝垂れ桜はやはりまだ咲いていませんでした。

本堂を外からお参りし、裏手の墓地へ。
真田家の墓所の本当にすぐ近く、墓碑に6年前に来た時には無かった名前を見つけ「ああ、本当にここだったんだ……」と切なくなりました。
みんなで手を合わせた後、本堂でお焼香、方丈さまと奥様のご接待を受けました。

長谷寺もやはり大河の影響で訪れる人が増えたそうです。周遊バスも停まるようになって土日などは特に多いとか。そういえば駐車場に案内図がありました。でもそれ以外は目立って大きな変化は無し。

「ガラッと変わってしまっているかな」と内心ドキドキしながら上田の駅を降りたのですが、真田までの道すがらも小さな道の駅風なものができていたくらい。タクシーの中で「前にウオーキングで駅からここまで歩いたんですよー」なんて話したらびっくりされましたが、本当にあの頃と変わってなくてほっとしました。




お参りを終えて、上田城へ。
まず大河ドラマ館に入館。平日の雨の日ということもあり程々の混雑ぶりで、人混み苦手な私にも耐えられました。
大河ドラマで使用された台本や衣装、小道具などが映像や解説文とともに展示されていたり、メイキング映像あり、スタジオ内部を歩き回る疑似体験ができるコーナーとか、『真田丸』に特化したNHKのスタジオパークっといった感じのつくりなんですね。
『新選組!』の時、学校帰りに撮影見に通ったなあ。(撮影見るために渋谷近くの二部制で授業数少ない専門学校にわざわざ入学したなどとは口が裂けても……)

そうそう。市民会館が大河ドラマ館になったんですね。新しく作るんじゃなくてある物を活用するのは良いですね。
で、隣の駐車場が半分仮設のお店になってる!聞いたら今の所1年限定で、好評なら延長するらしいとの事。


変化があったのはその2点くらいで、この先は見慣れ……

20160407-04.jpg


真田神社の社務所が新しくなっとる!
場所も違う?あれっ?あれっ?
あと西櫓も観覧券買って入れるようになってる?!
(記憶が混乱)


桜。
6年前と比べると同じ日なのに今年は満開。
見事としか言いようがないです。

花のない時期にちゃんと手入れしているのがよくわかる。
枯れた古木の幹を切り、脇から出た枝を大事に残しつつ、寿命を見計らって近くに新しい木を植えているところがありました。こういう努力があるから多くのお客さんを呼べるんですよね。
この街の人たちは10年後20年後、さらにもっと先を見てるんだと思います。


20160407-03.jpg 20160407-05.jpg



堀周りを一周して、メンバーと合流。
30分おきにボランティアのガイドさんが案内してくれているので、勉強のためにみんなでついていくことに。
見た感じご高齢の男性でしたが、声の調子がハキハキしていてとても聴きやすく、櫓門前から真田神社、西櫓まで行って帰って、ぴったり30分。誘導も適切で流石だなあとみんな関心しきり。
内容は……30分の時間制限の中で語るのにはやはり観光客向けになってしまいますね。でもこちらから質問すれば色々答えてもらえると思います。かなりの知識量がないとあれだけスラスラ話せないもの。時間があったらもっとお話ししたかったな。大河ドラマの裏話とか。


一人で行くのと違いずいぶん急ぎ足で通り過ぎてしまいましたが、思い出と変わらず素敵な街でした。
あー、やっぱり上田大好きだあああ!
これ書いている今も行きたくてしょうがない。
6年分の穴埋めどうしてくれよう(笑)





.



[2016/04/09 21:19] 雑記 | TB(0) | CM(0)

急に行く事になりまして 

今週の感想。
「女子供はすっこんでろやーーーー!」

梅ちゃんも空気読めない子だったのか。
だが巷に流れるキリによる謀殺説は怖すぎる。流石に。そうゆうドロドロも嫌いじゃないが昼ドラでやってくださいまし。


出浦さんが神川の係か。
城に誘い込んで「ワーワー」はどの作品で見ても読んでもワクワクしてしまう。
島津の釣り野伏せとか。大好き。


しかし鳥居ちゃんがひどい事になってて……おのれ、彦左……忠世んとかみんな居なくなってから三河物語でフレンドリーファイアしおってからに。

そういや後半梅ちゃんにハラハラさせられっぱなしで(もう中途半端にネタバレ見るのやめよう胃に悪い)すっかり忘れてたけど、信尹さん!!!主人公が大坂行っても信尹ちゃんの消息は毎週やってください。多分昌幸も忘れてる。




そして今週の紀行も上田。
そしてこの記事のタイトル。

「ねー、今度ここ行くんだよー」
苦虫を噛み潰したような顔の留守居役に喜々として話しかける家族。
(´-`).。oO(ほんと信繁のカーチャンが画面から抜け出してきたみてーだ。もちろん高畑さんの方が比べものにならんほど美しいが)

ええ、急に行く事になりまして。
ナビ代わりにするにしても私のデータは6年前で更新止まっていて、大河ドラマ館がどこにあるかも知らないですよ。真田太平記館なら連れていけますが。お寺や旧跡も流石に移転してないだろうから案内できるけど、拝観時間等は変わってるかもしれないし。
私、行っても荷物持ちくらいしか役に立たんな。

6年か。
覚悟して行こう。
うん。

思い出の中の上田は素敵な街だった。

転んでも泣かない。




.


追記は相変わらずのゲームネタ


.続きを読む
[2016/04/03 22:03] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。