スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

丸、第8話感想(仮) 

信尹ちゃん遂に大河ドラマの主人公になるの巻


来たよ、来たよ、来ましたよー!
真っ黒い真田兄弟(昌幸、信尹)来ましたよー!
この二人の舵取りに息子どもはまだまだ盛大に船酔い中ですな。
矢沢さんは意外と順応してます。佐助も相変わらず有能。

もう序盤から笑いを堪えるのが大変で、北条と上杉が退いて
「えっ、どういう事?わかんない?えっ?えっ?」
と目を白黒させる家族に思いっきり吹き出してしまった。(何回めだ)

信尹の「儂のようにはなるな」と春日さんの死と、重い重い場面なのに。
信繁と春日さんの会話なんて『風林火山』思い出して胸が詰まる思いだったのに。
隣でリアルに薫みたいなリアクションする家族がいるからほんとうに困るわ。

北条親子もそれぞれ違った方向にポンコツで氏康さんも草葉の陰で汁を盛大に吹き出してる事でしょう。汁かけ飯の解釈、どうなのよあれ(笑)

そしてポンコツかと思いきや「北条と上杉動かしたの真田じゃね?」って気付く家康。やはりタヌ…権現さまですわぁ。

気付くと言えば、兼続も気づいていたな。
昌幸と兼続と正信で三成と景勝様と秀忠をハメに来たらやだなぁ。やだなあ、そんな関ヶ原。
でも勝頼様、滝川さん、今回の春日さんを見るにこの大河の景勝様は……ダメだ、絶対やられる。いい人すぎて危ない。
『くのいち紅騎兵』みたいに、ハメたはずがハメられる景勝様。見たい。



梅ちゃん。先週の視聴者の想いを乗せて鉈を放り投げるかと…被害者は薪だったが。
脚本、視聴者のイライラ分かっててやってるからタチ悪いですな。
それと先週何か物足りなさを感じたのは徳川勢がいなかったせいだったんだ。

今週はバランスよくまとまっててとても面白かった。45分があっという間。
そろそろ大河ドラマ離脱の時期を迎える家族も「えー、気になって見ちゃうじゃんこれぇ」と困惑する回でした。




紀行
松代城(海津城)
ここも何年ご無沙汰しているやら。初めて行ったきっかけが『新選組!』で象山先生の暗殺を見て次の日いてもたってもいられずに、だったなあ。懐かしい。



.

続きを読む
スポンサーサイト

[2016/02/28 20:56] 雑記 | TB(0) | CM(0)

丸、第7話感想(仮) 

どう見ても、京都の人達の思い浮かべる義仲ちゃんな件の巻。


どこの木曽の山猿だよ義昌!
傍に控えてるの含め絶対に都会に出しちゃあかんやつや。プークスクスされてしまう。

「諦めんな」と信繁諭すババ様。流石幸隆さんと共に乱世を乗り越えてきただけあるぜ……まさか、武田時代の義昌の弱みとか握ってんじゃねーだろなと嫌な予感がよぎる間もなく、お館様の前でションベン漏らしたのをバラしおった。
小諸から救出失敗時の小芝居からのこれはちと人質とその解放の重みや緊迫感がなくなってしまうような……。

滝川さんと景勝様がお人好し過ぎて、泣ける。
ただし上杉は兼続が黒いので安泰。

来週は信繁が親父にだまくらかされると。
あ、二人で一つの話は良かったな。



紀行
小諸城






.

[2016/02/21 21:18] 雑記 | TB(0) | CM(0)

姫路・京都 

2月16日から18日まで姫路と京都を巡ってきました。

20160220094559bf3.jpeg

老犬の介護と看取りで一ヶ月ほどバタバタして計画やら予約やらとんとできず、攻城は姫路城だけになりました。



訪れた順に羅列(☆は第50回京の冬の旅特別公開)

好古園
姫路城

醍醐寺
伏見稲荷大社
泉涌寺

大徳寺 塔頭 龍源院
同 高桐院
大徳寺 本坊 ☆
大徳寺 塔頭 芳春院☆
同 大仙院

相国寺 法堂 方丈 ☆
同 塔頭 養源院☆


新幹線の時間しか調べず旅立ったので、パンフレット整理しながら後から調べると見落とした所もあって頭を抱える事も多いですが、知らずにいたおかげでサプライズ的な出来事も立ち会えたりとこれはこれでありだったかなあともおもえました。
来年は高野山の常楽会が平日に当たるので、何もなければ行ってみたいなあ。



.





[2016/02/21 10:24] 雑記 | TB(0) | CM(0)

丸、第6話感想(仮) 

小一郎が苦難を乗り越えてとんでもない汁かけブラックRXになっていたの巻

秀吉って20年も前の大河だったか。



氏政、氏直は北条潰したせいで義元、氏真親子や勝頼と一括りに駄目息子駄目曹司のイメージが強かったけど、これはまた。
氏政が色々拗らせてて、その割に底が浅い(しないと言っておきながらがっつり攻め込んでくる分かりやすさとか)、氏康さんまでの貯金が反対にプレッシャーにもなって、病んでる感がすごかった。

主人公が見てないことは描かないらしいが、
小日向秀吉とブラック小一郎による小田原での新旧物量チートのぶつかり合いをがっつり見てみたい。



情弱大名滝川さん。いい人なんだけどな。
松ッサンよりもダンナの方が心配。
出浦さまダンディだよ出浦さま。



信繁「自分には兄上より才があって、その才でもって兄上を支えていく(つもりだったが、それほど才は無かった)」
典厩さん「お、おう」

次男は次男で大変のこと。



今週のポンコツ徳川。
正信きたー。
本多サドと阿茶様によるお灸とツボ押しプレイ。
忠勝と兄上、気が合いそうでなにより。
でもあの徳川の中でやっていけるのかなあ。



信長の野望創造で信濃から始めると地の利が悪すぎて、最後の父上の理屈には賛同しかねるなど、口が裂けても。



紀行 沼田
ブラタモリの感想でダムネタ取り上げて欲しいと書いたが、沼田ダム建設の攻防も各勢力入り乱れて天正壬午の乱みたいだな。
祖父ちゃんは現地調査行ってたんかな。間諜的な。「調査課は発表前に調べに行くからいいけど、用地買収とダムの水門開閉の係はマジやばい」と言ってたのは八ッ場の時だったか沼田か。


視聴率、20%超えたらあとは落ちるだけかなと予想してたら、予想以上の落ち具合。ぐぬぬ。楽しみにしてる人は待ちきれずBSに行くし、じっくり見たい派は録画するだろうし。
難しいのう。今の所楽しく見てるので変なテコ入れは勘弁。

Twitterの #丸絵 がみんな上手で楽しくて、視聴後ずっと検索してしまい、寝不足に。


.
[2016/02/15 17:04] 雑記 | TB(0) | CM(0)

万鬼斎、茂左衛門.。oO(お、おう) 

沼田がこんなにクローズアップされることはあと30年くらいないんじゃなかろうかと思うくらい、びっちり沼田だった。
目撃証言からてっきり年の初めの家族に乾杯との合同番組でちょろりと出るんだと想像してたんで嬉しかった。

福岡の中学で採用されてた教科書万歳!河岸段丘万歳!


うむう。無理に真田ageしなくても充分面白かったんじゃないかな。

ふとTwitter検索したら、上毛かるた「て」で突っ込んでる子ほとんどいなくて驚いた。長野県も『信濃の国』をソラで歌える人が減ったらしいけど、群馬も上毛かるたやらなくなっちゃったのかしら。自分の子供の頃は上毛かるた知らないと転校や越境入学先の学校で村八分の扱いされたもんだけど。
時代に合わせて「天下の真田のまちづくり」とかに変わってたら怖いな。
茂左衛門は二度殺される。……などと。


せっかく沼田まで来たなら(タモリ倶楽部で既出かもしれないが)利根川水系ダムネタも見たかった。
河岸段丘と幻の沼田ダムについて地形マニアとダムマニア双方の見地からのジレンマ含みつつの解説を。



.





[2016/02/13 22:01] 雑記 | TB(0) | CM(0)

丸、第5話感想(仮) 

本家、下衆の極みが伊賀を全力で押し通すの巻(ニンニン



主人公が陰が薄いだのいつ確変が来るのかなどと言われてますが、ポンコツ三河御一行がちゃんとラスボスになってくれるのか、こっちの方が心配になった。先週の昌幸とのカマの掛け合いはなかなかよかったんだが。

伊賀越え、とても面白かった。
途中までゲラゲラ笑ってたけど、安全地帯から眺める他人の死ぬか生きるかギリギリの姿って意外とこんな滑稽なもんかもしれんと思ったら、ゾッとした。
したんだけど、穴山梅雪の退場があまりにあっさりで、拍子抜け。木曽、小山田との対比、家康たちとの対比、二話か三話で数正にあんなこと言わせて伊賀越えにも数正いたから何かしらやると……

家族に「コレは今後の伏線なんだよ」ってドヤ顔したあれやこれやが今後何も触れられずスルーされたら、たとえ家族が覚えてなくとも恥ずかしさのあまり転げ回ってしまいそうだわ。
あ、安土城の井戸は真田井戸の暗示でいいんだよね。


ヘナチョコ家康も人間味あってイヤじゃないけど、大御所、権現様って呼ばれる家康と面倒くさいけど強くてかっこいい徳川家臣団が好きなんで、終盤「大坂に真田が入城」の報にお漏らししてそうな顔で「はわわ!親父の方か?息子か?」と確認して息子と聞いて安心し、へなへな崩れる姿とか、赤備えの集団に突撃されて今回の伊賀越えみたいに「ウワアアア!」って逃げてくのだけは勘弁してくれ。笑ってしまう。


十勇士は出ないという代わりに佐助も半蔵も忍者っぽいんだな。
いや、「地元だから(地の利もあるし顔も聞く)」ようなこと言って、実際は伊賀生まれでも在住でもないから全力でゴリ押ししていく半蔵さんは武士らしくもあり、忍者らしくもあり。

そういえば演者は双方お笑い芸人。これからも何かしら比べられるようなことがあるかも。


いやいやいや、梅雪あっさり退場事件を忘れるな。あまり過剰に期待したり妄想したりはよくないぞ。




紀行
前橋。
厩橋城やら県庁やら。
天正壬午の乱はちゃんと(?)やってくれるかな?
去年は県令の妻が主人公なのに前高戦争やらなかったらしいので。




.
[2016/02/08 17:13] 雑記 | TB(0) | CM(0)

丸、第4話感想(仮) 

メタ祭りと女子会と。


今週は次男坊の教育か。
昌幸のあの鎧も見れて……ん、あんな色合いだったかな?

女子会、小芝居キター。
兄上「茶番は嫌いだ」
アンチをイラッとさせる三谷氏の脚本。自分は水戸黄門とかの劇中劇好きなんで息抜きの小芝居は嫌じゃないけど、嫌いな人はきついだろうなあ。


権現様と喜兵衛のにらみ合い。
「焼き味噌」言うかと思ったが流石になかった。
兼続は裏で正信と関ヶ原の打合せしてるんですねわかります。


人質。「私が」「いや、私が」って言い合ってるところへ兄上がずいっと出てきたんで、ダチョウ倶楽部ばりに「どーぞどーぞ」されるんじゃないかと。有り得ないと分かっていても、熱々五平餅コントがあった後ではあせったわ(笑)


安土城下にサラッと弥助。


馬。家康の助言と兄上の目録読み上げにニヤリ。

光秀の表情。
これ放送していいのか?って焦ったんだが、そういう指示でてたのね。
流石の信長もドン引きとか。

本能寺。信繁のいなかった(見なかった)出来事は極力描かないって方針はありだと思う。
戦国大河で毎回やってるから各自補完できるものね。

某所では案の定賛否両論だがうちは腹芸パート苦手勢は小難しい話が始まると黙って茶を啜るし、ギャグパート苦手勢は小芝居始まるやいなや日曜八時のスーパートイレタイムとして活用してるので今年は喧嘩せず完走できそうだな。



紀行
諏訪大社
今年御柱祭なんだよなあ。
GWと土日だからやっぱり行けない。

熱田神社(先週出てた高遠城のすぐ近く)と諏訪大社の彫刻いまだに見れてないやorz



.


[2016/02/01 09:24] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。