スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年もお世話になりました 

ブログを見てくださった皆様
mixiでお相手してくださった皆様
オフでお目にかかった皆様
そのほかこの一年私を支えてくださった多くの方々、本当にありがとうございました。
こんな私ではありますが来年もどうかよろしくお付き合いください。


今年は去年にましてブログの更新ができませんでした。
プライベートでは良い方向へ大きな変化があったのですが、そのために趣味やボランティアへ使う時間が削られてしまうということになり……。このブログもかなり放置ぎみになってしまいました。
来年は時間配分をうまく考えて、もっと効率よくできたらなぁと思っていますのでよろしくおねがいします。

年末年始ですがブログも少々お休みします(って今年はほとんど開店休業状態でしたが)。
すぐにコメントができるかどうかわからないので、コメントは少しの間「承認後表示」に設定させていただきます。ご了承ください。




それでは皆様良いお年を。
                               もよ 拝
スポンサーサイト

[2008/12/28 21:21] 雑記 | TB(0) | CM(4)

「天地人」壜 

tenchijin081221.jpg

先日のFFポーション缶に続き、「天地人壜」を手に入れました。
私はお酒が飲めないので(50ccで気持ち悪くなります)、他の方が中身を空けた後に壜だけいただいてきました。
ラベルの文字は原作者の火坂先生によるものだそうです。

あ、どうせなら本と並べて撮ればよかったですね。

来年の大河もHPができたり番組宣伝が流れたりと盛り上がってきました。
一応原作は読んだのですが、どんな話だったかあまり覚えていないので(幸村の出番が思ったより少なかった記憶くらいしか無い…)、始まる前に予習しておきましょうか(笑)









来年1月の末に鎌倉へ一泊旅行することにしました。
本当は大阪城撮影旅行がしたかったのですが、バイトの休みが取れなくて近場で一泊することに。
鎌倉は小学校の修学旅行と家族の日帰りドライブで行ったくらいで実のところ全然土地勘がないのです。これから色々調べなくっちゃ。案外近いところに疎いんですよね。
シーズンオフということもあって、海辺の一泊15,000円の宿が10,000円ということで飛びついてみました。一足遅い初詣に行こうと思います。

[2008/12/21 22:12] 雑記 | TB(0) | CM(0)

沢庵 

たくあんを漬けました。
陰干したたくあん大根を30本ほど樽に入れました。
漬物石で重しをかけて……お正月には食べられるかな?


我が家では大根と糠そして塩のほかに
・柿の皮(天日干ししてからかに乾いたもの)
・昆布
・鷹の爪(赤唐辛子)
を入れます。
柿の皮は甘み、昆布はうま味、鷹の爪は殺菌にとそれぞれ役目があります。
で、今年は少し冒険して、『ビール』を糠にしみこませてみました。
昨年、大根からなかなか水が出てこず、うまい具合に漬かるのに時間がかかったので発酵を促進させるために入れてみたのです。
聞きかじりでやったので、吉と出るか凶と出るか。
30本無駄にはしたくないんだけどなぁ。

夏は梅干し、冬はタクアンと白菜。
春から秋にかけては糠床。
田舎の主婦は年がら年中漬物臭くてたまらんですなぁ。
漬物いじっちゃうと東京へ遊びに行けないから困ります(苦笑)





たくあんといえば、

Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 11 (11) (ヤングマガジンコミックス)Y十M(ワイじゅうエム)~柳生忍法帖 11 (11) (ヤングマガジンコミックス)
(2008/08/06)
せがわ まさき山田 風太郎

商品詳細を見る


『Y十M』が完結していたので未読の巻を買ってきました。
原作の「柳生忍法帖」を読んだのがだいぶ前なので、細かいところを気にせずに楽しく読めました。
にしても漫画化によってビジュアルが固定されるので小説の再読が楽になりますね。十兵衛の最後のセリフなんて小説を読んだ時には特に感慨もなく流してしまったのに、漫画で読んだら震えが来た……ヒロインって堀一族の女子ではなくって、おy(以下略…だったんだなぁって。

あ、読解力と想像力がとんんでもなく欠如しているのがバレバレですね(^_^;)


たくあん漬けの由来とも言われている沢庵和尚もこの作品にかなり重要な人物として出てきます。
お正月があけて暇になったら炬燵でたくあんとお茶をやりならが「柳生忍法帖」でも再読しましょうかねぇ。
[2008/12/13 22:57] 雑記 | TB(0) | CM(4)

ポーション 

また限定ポーションを売っているらしいと聞き、コンビニに走ってきました。
PSP用のゲーム発売に先駆けての発売とか。
日記を見てみたら前回は去年の10月に売られてたんですね。
そろそろ定期的に発売されそうですねFF7の派生ゲームみたいに(苦笑)


前回のポーション

po.jpg  po-1.jpg




今回

08potion-00.jpg

今回はお目当てをゲットできました。
(最後の一缶だった)


08potion-01.jpg 08potion-02.jpg

黒缶と白缶では味が違うらしいので白缶も購入。


08potion-03.jpg 08potion-04.jpg

以下、感想は個人的なものです。
同じものを口にしてもおいしく感じる人もいますし、まずく感じる人もいます。
そこのところ踏まえた上でお読みください。

中身。
色は白缶が白ワインのような感じで黒缶は凄く薄い紫。
昨年の蛍光イエローと比べるととてもきれいです。
色合いは某所の「ポーション作ってみた(綺麗な方)」動画でも参考にしたのかな。
まぁ相変わらず体に悪そうな見た目です(苦笑)

香り
白缶…開けた途端「うっ」と息が詰まりました。薬臭い。
黒缶…同じく薬臭いがブルーベリーガムのような匂いで何とかいける。


白黒両方とも香りに影響されてよくわからない味。
強いて言うなら幼児用の風邪シロップをお洒落にしてみましたという感じ。
鼻をつまんで飲んでみたところ甘ったるく、もう少し酸味があったら良かったかもしれません。



08potion-05.jpg

このポーションはファイナルファンタジーというゲームでは体力回復のアイテムなのですが、最初に発売された青ポーションから今回のものまで、どう頑張っても回復できないお味になっているのがなんとも面白いですね(苦笑)
「良薬口に苦し」ってことなのかな。やっとのことで2本飲み終えました。
とはいえ、また出たら懲りずに買ってしまうのですが。
毎回改良されて開発者の苦心がうかがえる点では良いものだと思います。


大○製薬さんあたりがプ○トフ○イバーを開発してくれたら面白いんだけど……ま、ありえないな。
[2008/12/13 15:58] 雑記 | TB(0) | CM(0)

近況 

ご無沙汰しております。
ぼーっと日々過ごすうち今年もあとちょっとで終わりというところまで来てしまいました。
ブログの更新も滞っておりまして……とほほ。

ですが自分としては充実した毎日を送っております。
「便りがないのはいい便り」ということで……(^_^;)

ご用があります場合にはメールやmixiのメッセージでご連絡ください。
ネットは毎日つないでいます。ブログのメールフォームから送る場合には返信用のアドレスを明記してくださいませ。

081127-000.jpg

先日、丸一日ゆっくりできる時間が取れたので、数年ぶりに鴻巣の勝願寺へお参りに行ってきました。
ここには真田信之の奥方であった小松姫や仙石秀久、関東郡代の伊奈忠次らのお墓があります。
前に訪れた時、伊奈忠次の事を知らずに小松姫のお墓に手を合わせて終わってしまったのが心残りでいて、今回はしっかりお参りしてきました。

忠次は戦国~江戸初期の関東で検地を行い、治水や農業発展に尽力した人物です。
私の住むところにも彼の名を付けた「備前渠用水(備前は伊奈備前守忠次の備前)」が流れています。
彼は他にも色々やっているようですが、時間がないので省略。

小松姫の墓所は前に来た時よりきれいになっていたような気がします。
お花も供えられていました。
以前よりお参りに来る人も増えたのかもしれません。

埼玉県内の数少ない真田関連の地ですが、行こうと思えばいつでも行けるという場所というのはなかなか足が向かないものですね(^_^;)
[2008/12/10 22:51] 雑記 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。