スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

'08真田幸村ロマンウォーク-その2 

2008年 「真田幸村ロマンウォーク」 続き

「その一」はこちら↓
http://sinobigusa.blog29.fc2.com/blog-entry-826.html



08roman-walk-014.jpg  08roman-walk-015.jpg

祢津健事神社を後にして次は海野宿を目指します。
すぐ隣の日吉神社には「東町歌舞伎舞台」があるそうなのですが、また坂道を登らなければならないようなので、神社を見上げるだけで通り過ぎました。
日吉神社の立つ小山の木々はきれいに色づいていました。

中間地点を過ぎると上田市街までずっと緩やかな下り坂。
祢津から海野へ行く途中、上信越自動車道の東部湯の丸ICの脇を歩きました。
「うわぁ、インターチェンジ一つ分歩いちゃったんだぁ」
と自分でもびっくり。
これから上田まで帰るわけですから二つ分歩くことになります。
ま、他のICと比べるとこの区間はとても短いのですけれど。



08roman-walk-017.jpg  08roman-walk-018.jpg

予定よりもずっと速いペースで来ていたので、ここから少しずつ周りの景色を見ながらゆっくり行くことにしました。

上の写真は「新屋の十王石造」
といっても説明書きがないのでどういう時代のものでどういう理由で祀られているのかはわからず。
十王というのは閻魔様をはじめとする地獄の裁判官らしいのですが……
この角が人生の分かれ道だったんでしょうかね?



08roman-walk-016.jpg  08roman-walk-019.jpg

このあたりは畑や道端に500mくらいの間隔で古い供養塔や道祖神、道しるべがあって一つ一つ眺めているといくら時間があっても足りないくらい。
せっかく歩くのだから古い道しるべをチェックポイントにして、ゴール地点でどこにいくつあったか報告すると記念品がもらえるとか企画したらおもしろそうなんですが。
どうでしょう(笑)

そうこうするうちに白鳥神社の森が見えてまいりましたよ。



08roman-walk-020.jpg  08roman-walk-021.jpg

昨年の上田真田まつり以来の白鳥神社です。約一年半ぶりでしょうか。
ちょうど結婚式をしていて社殿には近づけず。

ここでもお茶と飴をいただいて一休み。
お茶をいれてくださった東御市の観光課の方(…だと思うのですが。スタート地点ではそう言っていたので)に聞いたところ海野宿では有料で観光ガイドをしているのだそうです。
白鳥神社の右手、駐車場のところで申し込めば案内してもらえるとか。

「海野宿資料館も見ていってくださいね!」
と親切に言って下さって、送り出してもらいました。



08roman-walk-022.jpg  08roman-walk-023.jpg

海野宿。
前に来た時は朝の6時過ぎだったので人っ子一人おらず、お店も閉まっていましたがさすがにお昼近くともなると様子は違って宿場らしくなります。
昔の海野宿を知る人によると観光地として整備される前はもっと雰囲気があったとか。
言われてみれば作られた感が少々ありますね。

うだつの上がらん奴がいくらうだつを見てもやっぱりうだつは上がらないのですが、建築資料としては面白いのでいろんな角度から眺め透かしてみたり。

資料館ではロマンウォーク参加者は入場料が割引になることが連絡がいっていなかったようで、係りの人をあわてさせてしまいました。
大した額ではないので普通にお金を払って見学してきましたが、黙って入場料払って見てくればよかったと後で後悔。

にしてもロマンウォークで資料館に立ち寄ったのが私が初めてだったようなのですが、後続(といっても大した人数じゃないけど)はどうだったんでしょう?
たぶんゆっくり歩いている人は歴史や風景に興味を持って歩いているから寄っていくと思うけど。
ロマンウォークなんだから歩く人ももう少し歴史に触れてもいいと思うんですけどね。


08roman-walk-024.jpg  08roman-walk-025.jpg

で、資料館で目を引いたのが寛保の洪水関連の資料。
海野宿の近くに宿場があったのが寛保2年(1742年)の千曲川の反乱によって壊滅、その後海野宿の発展につながっていったとか。
春に上田で洪水の死者を供養した千人塚のある正福寺をお参りしたのを思い出しました。

この時は関東も荒川、利根川をはじめとする多くの河川が氾濫し、上流から下流……江戸の町までも水浸しになったそうです。
幕府はまず関東の復興を最優先にし、信州は後にまわされたとも聞きます。
治水がなされ平穏に暮らしている今の私たちには想像もできない苦労をしたと思います。
壊滅した村々を復興し、現代まで昔の風情を残しているなんて凄いですね。


08roman-walk-026.jpg

海野宿を出て、あとは一路上田市街を目指します。
途中信濃国分寺資料館で休憩があり、こちらでやっと目指すリンゴがいただけました。
どんだけ食べたかったんだよと突っ込まれそうですが、今回の参加理由の3割はリンゴ。
それもシナノスィート。
3年前に食べて以来はまってしまい、毎年これが楽しみで……(笑)
3年前は「開発されたばかりで、この辺でしか手に入らないんですよ」と言われましたが最近では関東でも売っていますね。各地で栽培されるようにもなったみたいで、先日「秋田県産シナノスィート」をスーパーでみかけました。

そうそう、海野宿から国分寺資料館までとあるご婦人とご一緒したのですが、上田のことや真田の話をしたら「私、地元なんですけどそういうの全然知らなくて…ロマンウォークも初参加なんです」とおっしゃってました。
よその人の方がよく知ってるっていうのはどこでもあることなんだなぁと内心笑ってしまいました。
かくいう私もよそから来たお客さんに色々教わってますもん。
退職したら上田市の観光ボランティアガイドをしてみたいというその方に「ぜひぜひやって下さい」と大いにお勧めしてきてしまいました。
自分の住む地域に興味を持つことって本当にいいことだと思います。

で、あっという間に上田城に到着。
凄い速いテンポでしたが自分のペースで歩いたせいか足へのダメージも少なく予想より大幅に早く到着することができました。

毎年、参加者の意見を聞いてコース設定するそうなので、来年はどんなコースになるか楽しみです。








2008年 真田幸村ロマンウォーク レポ 了
スポンサーサイト

[2008/11/19 20:56] お祭り・戦国関連レポ | TB(0) | CM(0)

'08真田幸村ロマンウォーク-その一 

2008年10月25日(土)
真田幸村ロマンウォーク
の様子です。

文章に間違いや掲載画像に問題がありましたら、コメント・メールフォームなどでお知らせいただけますとありがたいです。





08roman-walk-000.jpg  08roman-walk-001.jpg

一回こっきりだろうと思っていたロマンウォーク参加も今回で3回目。
勝手知ったる上田の街。
仕事を終えて急いで新幹線に飛び乗って、到着したのがロマンウォーク前日の夜9時前。

疲れと興奮と駅前の酔っぱらいのうるささでほとんど眠れず、当日の朝を迎えました。
今年は紅葉の色づきがちょっと早いようでした。



08roman-walk-002.jpg  08roman-walk-003.jpg

上田の観光ボランティアガイドさん。
主に市街地でのガイドをしていたようで、私の歩いたコースにはいらっしゃいませんでした。

市長さんの挨拶、準備運動などがありまして、上田原の古戦場太鼓に見送られて意気揚揚と出発。
今年は28kmのコースに挑戦です。
幸い雨も降らず、一昨年の真田までずっと坂道の30kmコースや昨年の雨の中の18kmコースに比べれば楽勝ムード。


08roman-walk-map-000.jpg  08roman-walk-map-001.jpg

まず、最終通過10時の表示のあるスーパーまで必死に歩きます。
途中、見どころとして「願行寺」があるのですが皆さんものすごい勢いでスルー。
まぁ、ほぼ上田の街中なので春のお祭のときに見に行けばいいかと諦め、隊列についていきます。

スーパーにたどりついたのが午前9時。
「は、早く来すぎたか」
と思いましたが、まだ全行程の三分の一なので、とりあえず折り返し地点の「祢津健事神社」を目指します。


08roman-walk-map-002.jpg  08roman-walk-004.jpg

途中、「太郎塚」という武田氏縁の人物の案内板があったのですが、ここから150m先ということで案内板だけ撮ってきました。

上田はこういうものがそこかしこにあるので困る(苦笑)
場所だけチェックして自転車を買ったらちゃんと来てみようと思う場所が何か所もありました。


08roman-walk-005.jpg  08roman-walk-006.jpg

中間地点。
神社は山の上にあるので、最後のひと踏ん張り。
「リンゴ……リンゴが待ってる」
とブツブツ言いながら坂道を登ります。
(もはやリンゴを食べることしか頭にない)

が、ようやっとついた神社の境内の給水ポイントにはリンゴはありませんでした。
お茶と飴とチョコレート。
でも、疲れた体にチョコレートは絶大な効果。

よくよく考えたら、ここはもう「東御市」(上の太郎塚も東御だったかも)、ここでお茶が出るだけでも本当はありがたいんですよね。上田のイベントなのによく東御市は協力してくれたなぁと感心してしまいました。
埼玉じゃこうはいかないわ……。


08roman-walk-007.jpg  08roman-walk-008.jpg

この祢津健事神社(ねつたてごとじんじゃ)の最大の見どころが「西宮の歌舞伎舞台」です。
ウォーキングの中間地点であまり見る人もいないだろうから、中は開けてくれないだろうなぁと半ばあきらめて行ったのですが、嬉しいことに公開されてました。
農村歌舞伎でありながら本格的な回り舞台を備えたこの施設。
中に入るどころか、その回り舞台の下の部分、「奈落」まで見せてもらってしまいました。


08roman-walk-009.jpg  08roman-walk-010.jpg

舞台も好きですが、こういう舞台裏も好きなので心躍るの踊らないのって。
「奈落(地獄を意味するサンスクリットが語源)の底に落ちる」という言葉がありますが、私だけ奈落でヘブン状態でした(笑)


08roman-walk-011.jpg  08roman-walk-012.jpg

舞台装置と人物の大きさを見ていただければどれくらいの広さかわかるかと思います。
個人的には思っていたよりも広く感じました。
ただ、家族に聞いたところ「芝居をやる小道具等が置かれるから実際はここももっと狭くなるかも」とのこと。今は電気が入っていて明るくなりますが、江戸時代は暗い中でやっていたでしょうしね。
現実には手狭だったかもしれません。


08roman-walk-013.jpg

この舞台には他に「せり出し」が3つ作られています。
人が舞台の下からググっと出てくる装置ですが、ちょうど子供が乗せてもらっていてその動きをじっくり見ることができました。

舞台裏を見たのでいつか実際にこの舞台で歌舞伎が演じられているところも拝見したいなぁと思いつつ祢津健事神社を後にしました。



続く。
[2008/11/16 16:32] 雑記 | TB(0) | CM(2)

写真の選別と加工が終わった 

ひさーしぶりに自分の時間が取れたので、さつまいものモンブランを作っておいしいコーヒーでも入れようかとキッチンに立ちました。
が、「スポンジ作るの面倒だからホットケーキミックスでいいや」
と手を抜いたところ、いつの間にかさつまいも餡のどら焼きができていました。
幸い家族には好評だったのでたすかりましたけれど……




去る11月14日は埼玉県民の日。
今年も県の主催で13、14日に歓喜院聖天堂の工事現場見学会が催されました。
私もちょこっとガイドをさせていただいて、また色々勉強させていただきました。
250年ほど前(江戸時代中期)に建てられた本殿の修復は少しずつですが完成に向かっています。
県主催での見学会は工事が予定通り進めば来年で終了とのこと。
完成直前の江戸時代建築彫刻の髄をご覧になりたい方はぜひ来年申し込んでみてください。
(来年は事前にブログの方へ申し込み方法UPします)




そしてやっとこロマンウォーク、塩田ウォーク、忍城の写真の整理が終わりました。
ブログ用の加工も終わってあとはUPだけ。
UPだけ……

とりあえずこれからその作業をしてきます。
文章はたぶん無理(汗)

[2008/11/16 15:11] 雑記 | TB(0) | CM(0)

「忍城時代まつり」に行ってきました 

osi-000.jpg  osi-001.jpg

個人的には今年の祭仕舞いでございます。

忍城時代まつり。

最後が地元だと楽です。
車で20分とか。寝坊しても全く問題なし。



osi-002.jpg  osi-003.jpg

今年は自前甲冑参加者がたくさんで、レンタルの方も加わるとたいへんにぎやか。
終了後に撮影会をしたり懇親会をしたりと今までにない盛り上がり。
私も甲冑つけてないのにちゃっかり懇親会に紛れ込んでました(笑)

が、お天気は曇りで寒いの寒くないのって。
おとといの塩田平で風邪をひいて治す間もなく今日の寒さ。
先生!!鼻水が止まりません!!!!
本当は色々ご挨拶したりお礼したりしなければならないのですが、今日はこのまま寝ます。

(参加者の皆様、mixiで足あとつけまくってますがどうか気になさらずに)



本日はみなさんお疲れ様でした&ありがとうございました。
[2008/11/09 20:38] 雑記 | TB(0) | CM(2)

塩田平より帰還 

siota091107-000.jpg  siota091107-001.jpg

誰ですか、雨って言ったの。



ということで、行ってまいりました。
めちゃくちゃいいお天気で、防寒雨よけの準備をしっかりしていた我々は汗をかきながらの行軍となりました。

別所では冷え切った体を温めるために温泉に入る予定がさっぱりと汗を流す羽目に(笑)
私はお寺巡りで終わってしまって結局どこにも入れなかったんですけどね。

さて、今回のウォーキングは短いながらもなかなか楽しく歩けました。
念願の手塚の地も歩けましたしね。
流鏑馬の馬場跡ですとか、光盛の供養塔の場所なども確認できましたし、次は一人でゆっくりじっくり歩いて回ろうと思います。

やっぱり、団体行動は私には無理だわ……と実感(苦笑)
連れて行ってもらえるのは楽で良いんですけどね。




明日は家業の方でちょっとしたイベントがあって、また早起きです。
明後日は行田の忍城時代まつりですよ。
楽しみだけどこれで今年のお祭りも終わりと思うとさみしいですね。

来年の祭はじめは4月の真田まつりかな。

って、 ま  た  上  田  か (笑)

そういえばロマンウォークの時に一緒に歩いていた人に毎年2回は必ず上田に来ていることを話したら、「彼氏でもいるのかね?」と言われてしまいました。

当たらずとも遠からず。
ですが、400年ほど前にこの世を去っていて、その昔には3次元の人だったけれど、今は2.5次元というかほぼ2次元みたいな……上田の人だけど大坂だったり和歌山だったり、沼田とかにもいたりするわけで(笑)
いやいや、その前に彼氏じゃないだろ。

憧れの人ですね。

今日も歩きながら真田の中で誰が好きかって話になったのですが、信之派って結構多いですね。あまり声高に言わないだけで、慕ってる人は地元の人が思うより多いでしょう。
そろそろ兄上の苦難も報われるようになるのかな。
|-`).。oO(某所のクモの巣、取り払われているといいなぁ)


と、また話がちらかってしまいました。

明後日、忍城行かれるみなさん、よろしくお願いします。
[2008/11/07 21:18] 雑記 | TB(0) | CM(2)

雨の塩田平 

明日は塩田平を歩いてきます。
紅葉はどうかしら?急に寒くなったから長野の方も終わりかけだったりして。

天気予報では明日は雨のようですね。
でも大した距離ではないので普通の傘でも大丈夫でしょう。

実はこの時間になってもまだ何の準備もしていなかったり(笑)
「傘とお財布だけ持っていけばいいや~」みたいな。
ここ数年で何度も上田に行っているので近所へ散歩にいく感覚になってますね。
とはいえ別所付近はまだ4回目。

一時間ちょっと自由時間があるのですが手塚を攻めるか。
別所の石湯でなにやら妄想しながらお風呂につかるか。
足湯で温まりながら「真田太平記」を読むか。
現地の(雨の)様子で決めようと思います。

カメラ、どうしようかなぁ。
晴れてたら五重塔を撮りまくるんだけど……。


[2008/11/06 17:51] 雑記 | TB(0) | CM(3)

菊 

P1220105.jpg  sanemori-blog.jpg

柿がいい色になりました。
一番高いところにあるので取るに取れない。
一番お日様に当たって一番おいしそうなのに。
明日か明後日くらいには鳥さんに食べられてしまうでしょう。


11月1日から聖天様では菊祭りが催されています。
今年も斎藤別当実盛の菊人形が展示されています。
斎藤実盛は長井庄(現在の埼玉県熊谷市北部~深谷市東部)の庄司で聖天(大聖歓喜天)を自身の護り本尊としていました。
上の人形は「篠原の戦い」の際白髪を染めて出陣したという逸話をモチーフにしたもの。
左手に鏡、足元には墨と筆が置かれています。

今日は連休後の平日にも関わらず、多くの人が菊を見に来ていました。



めぬま菊花大会イベント(菊まつり)
 日時 11月8日(土曜)午前10時30分から
 場所 妻沼聖天山境内仁王門前
 内容 八木節(斎藤別当実盛公)公演
          詩舞「実盛慕情」披露
          菊の苗無料配布(先着100人)

菊の展示は11月15日(土曜)まで
[2008/11/04 22:14] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。