スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

説明会とマニュアル熟読 

ロマンウォークによる筋肉痛と肉刺がやっと完治したと思ったら、今日は11月7日に行われる「塩田平ウォーキング」の説明会です。

定員40名のところ応募が71名もあったとのこと。
補欠でも入れた私は運がよかったようです。

説明会では「紅葉がちょうど見ごろ」と言っていましたが、今年は色づきがちょっと早い感じなのでちょっと心配。

↓25日の上田城と東御市祢津の西宮神社↓

08roman-walk-003.jpg  08roman-walk-014.jpg

歩く距離はロマンウォークの4分の1(約7km)なので楽勝ですね。
とはいえ、他の参加者さんは歩きなれた健脚ばかりなのでうっかり置いて行かれないように気をつけなければ……ま、勝手知ったる上田の地。おいてけぼりを食らっても帰ってこれるとは思います(笑)









今、バイトに関連のある法令とマニュアルをネットでダウンロードして読んでいます。
あまり詳しいことは書けないのですが、理想が現場の実情とかけ離れているなぁと痛切に感じています。

特にマニュアル。
今の状態でマニュアル通りに全部やるとしたら、出来上がる物のクオリティは著しく低くなると思います。もし、クオリティを維持して完璧にこなそうとするならもっと人員を増やして経費をかけなければなりません。でないと従事者達は悲鳴を上げ、職を投げ出すことになるでしょう。
が、経費も人もそこまで捻出はできないと思います。

マニュアルに関しては法的罰則はないのですが、きちんとやらないと監督機関から指導を受ける事になるようです。もっと現場を見てもらえればいいのですがなかなか難しいですね。

とりあえず今のところはできることを一生懸命やるしかないみたいですね。
スポンサーサイト

[2008/10/29 18:46] 雑記 | TB(0) | CM(2)

高座が届きました 

koza000.jpg  koza001.jpg

本日、落語の高座が届きました。
狭い家にもぴったりの折りたたみ式、ホームベース型。
もちろん特注。
わが家を建ててくれた大工さんに頼みました。

「家で落語が聞きたいな……」
という一言から始まった一大事。
こんな凄いのいくらくらいするんだろうと心配する私に
「いいの、私の道楽なんだから」
と母。

この道楽に比べたら私の年に3回の長野旅行なんて安いもんだわ(苦笑)
まぁ、めったに寄席に行けないからって、自分のところに舞台つくっちゃうのもどうなのよと思うけど。

でも、この高座を使う日が楽しみです。
[2008/10/27 19:15] 雑記 | TB(0) | CM(5)

真田幸村ロマンウォークから帰還 

08sanada-walk-000.jpg  08sanada-walk-001.jpg

午後6時前に地元の駅に着きまして、お夕飯を食べ、今お風呂からあがったところです。
昨晩、色々あって全然眠ることができなかったので、半分寝ながら書いてます。

今回は迷子にならないよう前の人に必死でついていったので、ほとんど写真が撮れませんでした。
おかげで余裕でのゴール(16時予定が14時)となりました。



08sanada-walk-003.jpg

帰ってから確認したら、撮った写真は祢津健事神社にある西宮の歌舞伎舞台ばっかり。
歌舞伎の廻り舞台、まさか奈落まで見せてもらえるとは思ってもみず、かなり興奮していた模様。
下で人力で廻して、舞台の配置転換などをするのですよ。
ちゃんとしたせり上がりもあって、小学生が乗せてもらっていました。
まさに舞台裏。見てこれて幸せでした。


時間が取れたら簡単にレポします。
明日も朝からバイトなので今日はこれでおしまいです。
明日、歩かれる方も頑張ってください。
スタッフの皆さん、上田&東御両市の皆さん、お世話になりました。


では、おやすみなさい。



.
[2008/10/25 20:59] 雑記 | TB(0) | CM(4)

週末のお天気 

今週は天気予報のサイトを日に何度も見てしまいました。
土曜日の上田のお天気が心配で。

しかし、ずっと傘マークがついていましたがここにきて傘がとれた!!
よかった~。
昨年、雨でかなり苦労したので、冷や冷やしていたのですよ。

ということで、今年も真田幸村ロマンウォークに参加してきます。
明日の夜に上田に入って一泊します。
がんばって歩くぞー!!
[2008/10/23 17:47] 雑記 | TB(0) | CM(2)

補欠合格/泉光院 

下の記事で「落ちた」と書いた塩田平。先ほど、

「欠員が出ましたが参加なさいますか」

と電話が!!
二つ返事(どころか5回くらいしてました)で参加決定。
諦めたと言っていたくせに、現金な奴だとお笑いください(苦笑)









今日は「大江戸泉光院旅日記」という本を読みました。

大江戸泉光院旅日記 (講談社文庫)大江戸泉光院旅日記 (講談社文庫)
(1997/05)
石川 英輔

商品詳細を見る


1812年から約6年間日本各地を巡った修験者、野田泉光院の旅日記です。
訪れた土地土地の様子が忌憚なく書かれていて、当時の市井の人々の様子が手に取るようにわかります。
この本は分かりやすく訳され、解説や考察を織り交ぜながら書かれているので読みやすい反面、日記の全文が載っていません。ところどころ省かれているので、一番気になっていた某一の宮が出てこなかったのが……。

身近なところでは秩父の札所のくだりで「橋立鍾乳洞で修行」というのが目につきました。
あそこは一般の人も入れるのですが、観光気分で行くと結構危ないんですよね。今は階段や手すりが設置されていますが、江戸時代はもちろんそんなものはなかったでしょうから、かなり過酷な修行だったんじゃないかなぁと思います。
まぁ、九州を発って徒歩で日本中を歩き、各地の修験道の聖地を回るくらいですから橋立鍾乳洞なんて大したことはないかもしれませんけれど。

省かれている部分が気になるので原文を探してみたら、県立図書館に関連の本があるようです。
ついでに検索結果に菅江真澄(この人も江戸時代に紀行文を残しています)とか懐かしい名前を見つけて、久しぶりに読んでみたくなりました。
学校で菅江真澄の講義を受けていた時は「へぇ~」で終わっていたけれど、今なら違った観点で見ることができるはず。江戸時代の長野の様子はどんなふうに描かれているんでしょう。

ちなみに泉光院も上田や善光寺を訪れています。
上田と松代を混同しているのに笑ってしまいましたが。



[2008/10/21 18:14] 雑記 | TB(0) | CM(3)

落選 

「11月07日(金)の塩田平ウォーキング」は応募者多数により抽選が行われ、

見事に落ちました\(^o^)/

公民館め、本当に厳正な抽選をしおった……(笑)
一応、キャンセルが出たら連絡が来るらしいですがキャンセル待ちの番号も微妙。
潔く諦めることにします。

勝手に現地集合現地解散ってことで自費で別所まで行くって手もありますが、本命はロマンウォークですしね。秋はお祭三昧でお財布がえらいことになってますので、自重します。
[2008/10/18 21:36] 雑記 | TB(0) | CM(3)

2008年松代真田十万石まつり 

matsu-08-002.jpg

無事、行ってきました。
今年も殿がかっこよかったー。

今年は行列が出てくる広場にブルーシートが敷かれ、お客さんが座って見れるようになっていたのがよかったですね。後ろの方からでも写真が撮りやすかったです。
とはいえ、三回目ということもあって今回あまり写真は撮りませんでいた。
松代も上田同様若いお嬢さんが増えてきたので、ネットでレポをUPする人も増えているかと思います。
自分で書くより、人のを読んだ方が面白い。うん。




matsu-08-000.jpg  matsu-08-001.jpg

今年は松代へ行く前に善光寺をお参りしてきました。
時間が早くて、参道のお店はまだあまり開いてなかったのが残念でしたが、お勤めを終えた上人様がお帰りになるところへ出くわして、お数珠を受けることができました(頭をなでていだだきました)。

時間があれば修復が終わった山門を見学していくつもりでいたのですが、9時半からということで断念し、篠ノ井にある長野市図書館の南館へ向かいました。

信之霊屋の保存修理報告書を見るために行ったのですが、郷土資料なんて大した量ないからすぐ見つかんべぇとタカをくくっていたら、いやいや多いこと多いこと。
あわててパソコンで検索してみるも「信重霊屋」しか出てこない。仕方ないので「信重霊屋保存修理報告書」のあるべき場所へ行ってみるとそれすらなくて。
しかしふと視線を下段に落としたら運良く「信弘霊屋」と「信之霊屋」の二冊がありました。

が、残念ながらそこでタイムアウト。
とりあえず、墨書や棟札などの資料部分だけざっと見て、彫刻師について書かれていないかを確認するだけで終わってしまいました。
わずか数分でわかることなどほとんどなく、彫刻師の名前も見つけられずに終わってしまいました。

掲載されている写真は(なにぶん30年近く前に出版されたものなので)画質も悪いし印刷もいまいちでかなり残念なものでした。修復後のカラー画像も六文銭.comのうたかたさんの写真の方がずっと鮮明ですし、得られる情報が多いです。
それでも修復前の瓦屋根の状態(現在は杮葺き)が見られたのは収穫でしたけれど。
信之霊屋も修復前は現在の長国寺の開山堂のような状態だったようです。

今度はお祭りのついでではなく、きちんと調べに行こうと思います。
善光寺山門や信弘霊屋の報告書もじっくり見てみたい。




おまつりより建築の話になってしまった……すみません。
とにかく本日参加されたみなさん、見物された皆さん、お疲れ様でした。
[2008/10/12 23:33] 雑記 | TB(0) | CM(3)

明日は松代 

明日は松代の真田十万石まつりです。
バイトやらなんやらでバタバタして先ほどようやっと電車の時刻だけ把握。
ここのところ毎朝バイトで5時起きだったのですが、明日も5時起き……

今回は善光寺と長野市図書館(南の方の)へ行くつもりなのですが、交通手段を全く調べていません。迷子になってもしかすると祭り会場にたどりつけないかも(苦笑)
最悪、タクシーという手もありますがそうするとついでに寛保の洪水の水位標とかまで見に行ってしまいそうです。お金……

無事に行って帰ってこれるように、十三夜のお月さまにお祈りしましたがはてさて。
[2008/10/11 18:23] 雑記 | TB(0) | CM(2)

宇佐美定満 

早朝、ニュースの速報で緒方拳さんの訃報を知りました。

Gacktがあそこまで活躍できたのは緒方さんがいてくれたからからだと「風林火山」放送中も現在もずっと思っています。
大河ドラマ「風林火山」に宇佐美定満役で出演が決まり、インタビューで上司である上杉謙信を演ずるGacktについて、
「ぼくのご主人は宇宙人のような人」
というユーモラスなコメントをした緒方さん。
どうなる事やらと不安だった一Gacktファンとしはこの一言で重苦しかった心が軽くなったのでした。
きっと収録中も上杉の軍師宇佐美定満としてそして俳優緒方拳としてGacktを支えて下さっていたに違いありません。

大河を見ていて声に張りがない印象を受けていたのですが、まさか癌を患っていらしたとは。
家族以外には知らせず、そぶりも見せず、仕事をきっちり終わらせて……役者の鑑だと思います。
ただ、できることならもっと活躍していただきたかったです。

ご冥福をお祈りいたします。
[2008/10/07 22:17] 雑記 | TB(0) | CM(4)

10月~11月のお祭りetc.見物予定 

10月12日(日)         松代真田まつり
10月18日(土)19日(日)   地元の秋季大祭
10月25日(土)         真田幸村ロマンウォーク
11月07日(金)         塩田平ウォーキング
11月09日(日)         忍城時代まつり


ほぼ毎週、どこかへ行くことになっている……

松代は気力と体力が残っていたら行きます。
 でも、長野市の図書館は日曜開館らしいので
 「真田信之霊屋修理工事報告書」
 を見に(場合によったらコピーしに)行く可能性大。
 で、ついでにお祭りを見物。
 去年は大河効果でか人が多くて参ったけど、今年はどうかなぁ。

※真田幸村ロマンウォークは前日に午後7時まで仕事をしてから
 新幹線に飛び乗って、上田入りします。
 駒王丸(のちの源義仲)が木曾へ逃れる途中、海野宿に泊まった
 という話があるそうで、そこのところを詳しく聞いてくるために
 がんばって歩いてきます。
 ぶ、無事に新幹線に乗れるのかが一番の問題です。

塩田平ウォーキング
 突然入った予定です。
 「(熊谷)市の広報に募集出てるよー」との情報をいただきまして、
 本日申し込んできました。
 定員40名のところすでに申込者は30人を越えていました。
 「ぎりぎり間に合ったー」と思ったら、「応募者多数の場合、
 抽選となります」って……外れたら行けないんじゃないの!!(笑)
 それでもダメモトで申し込みました。
 前山寺から別所温泉まで約7キロ。ロマンウォークと比べると
 少々物足りない距離ですが、見どころは多いのでいいですね。
 情報をくださった方と一緒に参加できれば、結構フリーダムに
 歩いてしまうかも(笑)



はてさて予定通り制覇出来ますでしょうか。
お天気を気にしつつ、体調も整えなければ。

[2008/10/06 18:25] 雑記 | TB(0) | CM(3)

松茸道中 

秋の時代まつり特集(笑)第一段。

「献上松茸道中」の写真です。
江戸時代の道中を再現。
寛永6年(1629)、館林藩主であった榊原忠次が徳川家光に太田金山の松茸を献上したのが始まり。
江戸幕府がなくなるまで続けられ、明治に入ると皇室に献上もされたとか。
現在は金山に松茸が生えなくなってしまったので、献上したくともできない状況。
再現行列も今のところ埼玉県内までの短い行程です。
いつか東京まで中山道を通って運びたいものですね。

matutake081005-000.jpg  matutake081005-001.jpg


matutake081005-002.jpg  matutake081005-003.jpg


matutake081005-004.jpg  matutake081005-005.jpg


matutake081005-006.jpg  matutake081005-007.jpg

[2008/10/05 21:09] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ガネーシャ 

夕方、テレビをつけたら「ガネーシャ」というのが聞こえてきてびっくり。
画面を見たら俳優の古田新太さんが演じているのがガネーシャという神様で自称「超メジャー」な神様だって……
はっきり言って 超、マイナー でしょう(笑)

ガネーシャはインドのヒンズー教の神様。
これが日本へ伝わると仏教と混ざりインドの暴れ神が十一面観音により改心したとされ、仏法の守護者となって大聖歓喜天として寺院に祀られるようになります。

残念ながら今晩のスペシャルドラマを見逃してしまったのですが、これを見て少しでもガネーシャや聖天様に興味を持ってくれる人がいるといいなぁ。
お参りするときっと夢がかないますよ。



「夢をかなえるゾウ」番組公式サイト
http://www.ytv.co.jp/yumezou/
[2008/10/02 22:59] 雑記 | TB(0) | CM(2)

Wii 

「戦国無双3」はWiiで出るのだそうで。
てっきり次はPS3だと思っていたのですが……低価格で嬉しい誤算?

でも最近のコーエーのやり方を見ていると半年とか一年後にPSでも出しそうですよね。Wiiで安く上がったわぁなんて言ってたら、半年後にX-boxとPS3。一年か一年半後にPS2で発売なんて事になったりして。
WiiとX-boxとPS3の三台買うお金にいくらか足してパソコン買ってパソコン版が出るのを気長に待つ方か。
でも戦国無双は思い入れがあるゲームなので発売日に手に入れたいんですよね。

Wiiって昔のマリオとかできるのかな?
子供のころファミコン買ってもらえなかったのを未だに引きずっているので、できるならこの期にいやな思い出を払拭したい。





この記事を見たある人から「お買い上げありがとうございます」メールが来たりして(笑)
いや、まだ買うかどうかわからんよ。

[2008/10/02 22:38] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。